ISettingsContext::D eserialize メソッド (wcmconfig.h)

このコンテキストに提供されるストリーム内のデータを逆シリアル化します。

構文

HRESULT Deserialize(
  [in]  IStream         *pStream,
  [in]  ITargetInfo     *pTarget,
  [out] ISettingsResult ***pppResults,
  [out] SIZE_T          *pcResultCount
);

パラメーター

[in] pStream

応答 (Unattend.xml) ファイルの設定セクションを表す XML を含む IStream 初期化ストリーム オブジェクトへのポインター。 応答ファイルは、セットアップまたは移行中の無人プロセスを容易にして、ユーザーの介入なしにすべてのタスクを自動的に実行するファイルです。

[in] pTarget

ストリームの逆シリアル化中に使用する必要がある ITargetInfo ターゲット オブジェクトを識別するポインター。 このターゲットは、このコンテキストと共にエンジンで使用されるターゲットと一致する必要があります。

[out] pppResults

ISettingsResult インターフェイス ポインターの配列へのポインター。 各インターフェイス ポインターは、逆シリアル化中に発生した可能性のある問題を識別します。

[out] pcResultCount

配列 pppResults 内の ISettingsResult オブジェクトの数。

戻り値

このメソッドは HRESULT 値を返します。 S_OK 成功を示します。 pIdentity がコンテキスト内にない名前空間を参照している場合は、 WCM_E_NAMESPACENOTFOUND を返します。

列挙子 割り当てるのに十分なリソースがシステムに存在しない場合、このメソッドはE_OUTOFMEMORYを返す可能性があります。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2008 [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー wcmconfig.h
[DLL] SMIEngine.dll

関連項目

ISettingsContext