PFIBER_START_ROUTINE コールバック関数 (winbase.h)

CreateFiber 関数で使用されるアプリケーション定義関数。 これは、ファイバーの開始アドレスとして機能します。 LPFIBER_START_ROUTINE型は、このコールバック関数へのポインターを定義します。 FiberProc は、アプリケーション定義関数名のプレースホルダーです。

構文

PFIBER_START_ROUTINE PfiberStartRoutine;

void PfiberStartRoutine(
  LPVOID lpFiberParameter
)
{...}

パラメーター

lpFiberParameter

戻り値

なし

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows XP (デスクトップ アプリのみ)
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2003 (デスクトップ アプリのみ)
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー winbase.h (Windows.h を含む)

関連項目

CreateFiber

繊維

プロセス関数とスレッド関数