CERT_KEY_ATTRIBUTES_INFO構造体 (wincrypt.h)

CERT_KEY_ATTRIBUTES_INFO構造体には、認定される公開キーに関するオプションの追加情報が含まれています。 これには、キー識別子、そのキーの使用目的の表示、または対応する秘密キーの使用期間の表示を含めることができます。

CryptDecodeObject は、 CERT_EXTENSION構造体のValue メンバーに対して実行されるときに、この構造体のインスタンスを作成します。これは、構造体の pszObjId メンバーが szOID_KEY_ATTRIBUTES に設定されています。

この構造体のインスタンスを CryptEncodeObject への入力として使用して、適切な CERT_EXTENSIONを作成できます。

構文

typedef struct _CERT_KEY_ATTRIBUTES_INFO {
  CRYPT_DATA_BLOB            KeyId;
  CRYPT_BIT_BLOB             IntendedKeyUsage;
  PCERT_PRIVATE_KEY_VALIDITY pPrivateKeyUsagePeriod;
} CERT_KEY_ATTRIBUTES_INFO, *PCERT_KEY_ATTRIBUTES_INFO;

メンバー

KeyId

キーの一意識別子を持つ CRYPT_DATA_BLOB 構造体。

IntendedKeyUsage

キー の目的を示す pbData メンバーと共にCRYPT_BIT_BLOBします。 使用ビット値の一覧については、CERT_KEY_USAGE_RESTRICTION_INFO構造体の RestrictedKeyUsage メンバーを参照してください。

このメンバーは、複数のキーまたは証明書を持つユーザーの正しいキーまたは証明書を検索するために使用できます。 その使用法の表示はアドバイザリ フィールドのみで、キーの使用が示された目的に限定されることを意味するものではありません。 目的の用途の一覧は必ずしもすべて含まれているとは限らず、フィールドを省略できます。 キーを特定の使用に制限する場合は、 CERT_KEY_USAGE_RESTRICTION_INFO 拡張機能を使用する必要があります。

pPrivateKeyUsagePeriod

認定公開キーに対応する秘密キーの使用期間を示す CERT_PRIVATE_KEY_VALIDITY構造体への ポインター。 このメンバーは省略可能であり、 NULL に設定できます。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows XP (デスクトップ アプリのみ)
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2003 (デスクトップ アプリのみ)
Header wincrypt.h

関連項目

CERT_EXTENSION

CERT_PRIVATE_KEY_VALIDITY

CRYPT_BIT_BLOB

CRYPT_INTEGER_BLOB

CryptDecodeObject