EngCreateDeviceSurface 関数 (winddi.h)

EngCreateDeviceSurface 関数は、ドライバーが管理するデバイスサーフェイスのハンドルを作成して返します。

構文

ENGAPI HSURF EngCreateDeviceSurface(
  [in] DHSURF dhsurf,
  [in] SIZEL  sizl,
       ULONG  iFormatCompat
);

パラメーター

[in] dhsurf

デバイスによって管理されるサーフェスへのデバイス ハンドル。 このハンドルは、入力または出力用に SURFOBJ 構造体が渡されるときにドライバーに渡されます。

[in] sizl

作成するサーフェスの幅と高さを含む SIZEL 構造体を指定します。 この構造体の cx メンバーと cy メンバーはそれぞれ、サーフェスの幅と高さをピクセル単位で含みます。 SIZEL 構造体は、 SIZE 構造体と同じです。

iFormatCompat

作成するデバイス サーフェイスの互換性のあるエンジン形式を指定します。 これは、複雑な描画呼び出しをシミュレートするために一時的なバッファーが必要な場合に GDI によって使用されます。

戻り値

戻り値は、関数が成功した場合にサーフェスを識別するハンドルです。 それ以外の場合は 0 になり、エラー コードがログに記録されます。

注釈

必要に応じて、ドライバーによってサーフェスの記憶域を提供できます。 サーフェスは 、EngAssociateSurface を使用して関連付ける必要があります。 EngDeleteSurface を使用して不要になったら、サーフェスを削除する必要があります。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 以降のバージョンの Windows オペレーティング システムで使用できます。
対象プラットフォーム ユニバーサル
Header winddi.h (Winddi.h を含む)
Library Win32k.lib
[DLL] Win32k.sys

こちらもご覧ください

EngAssociateSurface

EngDeleteSurface

SURFOBJ