EVT_PUBLISHER_METADATA_PROPERTY_ID 列挙 (winevt.h)

プロバイダーのメタデータ プロパティを識別する識別子を定義します。

構文

typedef enum _EVT_PUBLISHER_METADATA_PROPERTY_ID {
  EvtPublisherMetadataPublisherGuid = 0,
  EvtPublisherMetadataResourceFilePath,
  EvtPublisherMetadataParameterFilePath,
  EvtPublisherMetadataMessageFilePath,
  EvtPublisherMetadataHelpLink,
  EvtPublisherMetadataPublisherMessageID,
  EvtPublisherMetadataChannelReferences,
  EvtPublisherMetadataChannelReferencePath,
  EvtPublisherMetadataChannelReferenceIndex,
  EvtPublisherMetadataChannelReferenceID,
  EvtPublisherMetadataChannelReferenceFlags,
  EvtPublisherMetadataChannelReferenceMessageID,
  EvtPublisherMetadataLevels,
  EvtPublisherMetadataLevelName,
  EvtPublisherMetadataLevelValue,
  EvtPublisherMetadataLevelMessageID,
  EvtPublisherMetadataTasks,
  EvtPublisherMetadataTaskName,
  EvtPublisherMetadataTaskEventGuid,
  EvtPublisherMetadataTaskValue,
  EvtPublisherMetadataTaskMessageID,
  EvtPublisherMetadataOpcodes,
  EvtPublisherMetadataOpcodeName,
  EvtPublisherMetadataOpcodeValue,
  EvtPublisherMetadataOpcodeMessageID,
  EvtPublisherMetadataKeywords,
  EvtPublisherMetadataKeywordName,
  EvtPublisherMetadataKeywordValue,
  EvtPublisherMetadataKeywordMessageID,
  EvtPublisherMetadataPropertyIdEND
} EVT_PUBLISHER_METADATA_PROPERTY_ID;

定数

 
EvtPublisherMetadataPublisherGuid
値: 0
プロバイダーの guid 属性を識別します。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeGuid です。
EvtPublisherMetadataResourceFilePath
プロバイダーの resourceFilePath 属性を識別します。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeString です
EvtPublisherMetadataParameterFilePath
プロバイダーの parameterFilePath 属性を識別します。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeString です
EvtPublisherMetadataMessageFilePath
プロバイダーの messageFilePath 属性を識別します。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeString です
EvtPublisherMetadataHelpLink
プロバイダーの helpLink 属性を識別します。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeString です
EvtPublisherMetadataPublisherMessageID
プロバイダーの メッセージ 属性を識別します。 メタデータは、メッセージ文字列に割り当てられたリソース識別子です。 メッセージ文字列を取得するには、 EvtFormatMessage 関数を呼び出します。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeUInt32 です。 プロバイダーがメッセージを指定しない場合、値は –1 です。
EvtPublisherMetadataChannelReferences
プロバイダーの チャネル 子要素を識別します。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeEvtHandle です。 プロバイダーが定義またはインポートするチャネルのメタデータにアクセスするには、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときにこのハンドルを使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 ハンドルが完了したら、 EvtClose 関数を呼び出します。
EvtPublisherMetadataChannelReferencePath
チャネルの name 属性を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeString です
EvtPublisherMetadataChannelReferenceIndex
チャネルのリスト内のチャネルの 0 から始まるインデックス値を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeUInt32 です
EvtPublisherMetadataChannelReferenceID
チャネルの value 属性を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeUInt32 です
EvtPublisherMetadataChannelReferenceFlags
このチャネルが別のプロバイダーからインポートされるかどうかを示すフラグ値を識別します。 EvtChannelReferenceImported フラグ値が設定されている場合、チャネルがインポートされます。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeUInt32 です
EvtPublisherMetadataChannelReferenceMessageID
チャネルの メッセージ 属性を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeUInt32 です。 プロパティには、メッセージ文字列に割り当てられているリソース識別子が含まれています。 メッセージ文字列を取得するには、 EvtFormatMessage 関数を呼び出します。 チャネルでメッセージが指定されていない場合、値は –1 になります。
EvtPublisherMetadataLevels
プロバイダーの レベル の子要素を識別します。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeEvtHandle です。 プロバイダーが定義または参照するレベルのメタデータにアクセスするには、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときにこのハンドルを使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 ハンドルが完了したら、 EvtClose 関数を呼び出します。
EvtPublisherMetadataLevelName
レベルの name 属性を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeString です
EvtPublisherMetadataLevelValue
レベルの value 属性を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeUInt32 です
EvtPublisherMetadataLevelMessageID
レベルの メッセージ 属性を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeUInt32 です。 プロパティには、メッセージ文字列に割り当てられているリソース識別子が含まれています。 メッセージ文字列を取得するには、 EvtFormatMessage 関数を呼び出します。 レベルでメッセージが指定されていない場合、値は –1 になります。
EvtPublisherMetadataTasks
プロバイダーの タスク の子要素を識別します。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeEvtHandle です。 プロバイダーが定義するタスクのメタデータにアクセスするには、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときにこのハンドルを使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 ハンドルが完了したら、 EvtClose 関数を呼び出します。
EvtPublisherMetadataTaskName
タスクの name 属性を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeString です
EvtPublisherMetadataTaskEventGuid
タスクの eventGuid 属性を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeString です
EvtPublisherMetadataTaskValue
タスクの value 属性を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeUInt32 です
EvtPublisherMetadataTaskMessageID
タスクの メッセージ 属性を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeUInt32 です。 プロパティには、メッセージ文字列に割り当てられているリソース識別子が含まれています。 メッセージ文字列を取得するには、 EvtFormatMessage 関数を呼び出します。 タスクでメッセージが指定されていない場合、値は –1 になります。
EvtPublisherMetadataOpcodes
プロバイダーの opcodes 子要素を識別します。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeEvtHandle です。 プロバイダーが定義または参照するオペコードのメタデータにアクセスするには、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときにこのハンドルを使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 ハンドルが完了したら、 EvtClose 関数を呼び出します。
EvtPublisherMetadataOpcodeName
オペコードの name 属性を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeString です
EvtPublisherMetadataOpcodeValue
オペコードの value 属性を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeUInt32 です。 高い単語にはオペコード値が含まれており、低い単語にはそれが属するタスクが含まれています。 低い単語が 0 の場合、オペコードはグローバルに定義されます。それ以外の場合、オペコードはタスク固有です。 低ワード値を使用して、オペコードを定義するタスクを決定します。
EvtPublisherMetadataOpcodeMessageID
オペコードの メッセージ 属性を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeUInt32 です。 プロパティには、メッセージ文字列に割り当てられているリソース識別子が含まれています。 メッセージ文字列を取得するには、 EvtFormatMessage 関数を呼び出します。 オペコードでメッセージが指定されていない場合、値は –1 になります。
EvtPublisherMetadataKeywords
プロバイダーの キーワード 子要素を識別します。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeEvtHandle です。 プロバイダーが定義するキーワードのメタデータにアクセスするには、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときにこのハンドルを使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 ハンドルが完了したら、 EvtClose 関数を呼び出します。
EvtPublisherMetadataKeywordName
キーワード (keyword)の name 属性を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeString です
EvtPublisherMetadataKeywordValue
キーワード (keyword)の mask 属性を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeUInt64 です
EvtPublisherMetadataKeywordMessageID
キーワード (keyword)のメッセージ属性を識別します。 この識別子は、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出すときに使用します。 詳細については、「解説」を参照してください。 このプロパティのバリアント型は EvtVarTypeUInt32 です。 プロパティには、メッセージ文字列に割り当てられているリソース識別子が含まれています。 メッセージ文字列を取得するには、 EvtFormatMessage 関数を呼び出します。 キーワード (keyword)でメッセージが指定されていない場合、値は –1 になります。
EvtPublisherMetadataPropertyIdEND
この列挙値は、列挙値の末尾を示します。

解説

この列挙の識別子の一覧は、変更できないプロパティ用です。 チャネルの構成を取得するには、 EvtGetChannelConfigProperty 関数を呼び出します。

EvtGetPublisherMetadataProperty 関数を呼び出すときに、次のプロパティ識別子を使用することはできません。

  • EvtPublisherMetadataChannelReferencePath
  • EvtPublisherMetadataChannelReferenceIndex
  • EvtPublisherMetadataChannelReferenceID
  • EvtPublisherMetadataChannelReferenceFlags
  • EvtPublisherMetadataChannelReferenceMessageID
  • EvtPublisherMetadataLevelName
  • EvtPublisherMetadataLevelValue
  • EvtPublisherMetadataLevelMessageID
  • EvtPublisherMetadataTaskName
  • EvtPublisherMetadataTaskEventGuid
  • EvtPublisherMetadataTaskValue
  • EvtPublisherMetadataTaskMessageID
  • EvtPublisherMetadataOpcodeName
  • EvtPublisherMetadataOpcodeValue
  • EvtPublisherMetadataOpcodeMessageID
  • EvtPublisherMetadataKeywordName
  • EvtPublisherMetadataKeywordValue
  • EvtPublisherMetadataKeywordMessageID
これらの識別子を使用するには、最初にプロパティの親オブジェクトへのハンドルを取得する必要があります。 チャネル プロパティを取得するには、まず EvtPublisherMetadataChannelReferences 識別子を使用して親オブジェクトへのハンドルを取得する必要があります。レベル プロパティを取得するには、まず EvtPublisherMetadataLevels 識別子を使用して親オブジェクトへのハンドルを取得する必要があります。タスクのプロパティを取得するには、まず EvtPublisherMetadataTasks 識別子を使用して親オブジェクトへのハンドルを取得する必要があります。オペコード プロパティを取得するには、まず EvtPublisherMetadataOpcodes 識別子を使用して親オブジェクトへのハンドルを取得する必要があります。キーワード (keyword)プロパティを取得するには、まず EvtPublisherMetadataKeywords 識別子を使用して親オブジェクトへのハンドルを取得する必要があります。

ハンドルは、プロバイダーが定義する子型のメタデータを含むオブジェクトの配列を指します。 配列内のオブジェクトの数を確認するには、 EvtGetObjectArraySize 関数を呼び出します。 オブジェクトの 1 つのプロパティにアクセスするには、 EvtGetObjectArrayProperty 関数を呼び出し、取得するプロパティの識別子を指定します。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2008 [デスクトップ アプリのみ]
Header winevt.h

関連項目

ChannelType 複合型

EVT_EVENT_METADATA_PROPERTY_ID

EVT_VARIANT_TYPE

EvtGetPublisherMetadataProperty

ProviderType 複合型