EnumFontsA 関数 (wingdi.h)

EnumFonts 関数は、指定されたデバイスで使用できるフォントを列挙します。 指定した書体名を持つフォントごとに、 EnumFonts 関数はそのフォントに関する情報を取得し、アプリケーション定義のコールバック関数に渡します。 このコールバック関数は、必要に応じてフォント情報を処理できます。 列挙は、フォントがなくなったか、コールバック関数から 0 が返されるまで続行されます。

メモ この関数は、16 ビット バージョンの Windows との互換性のためにのみ提供されます。 アプリケーションでは EnumFontFamiliesEx 関数を使用する必要があります。
 

構文

int EnumFontsA(
  [in] HDC           hdc,
  [in] LPCSTR        lpLogfont,
  [in] FONTENUMPROCA lpProc,
  [in] LPARAM        lParam
);

パラメーター

[in] hdc

フォントを列挙するデバイス コンテキストへのハンドル。

[in] lpLogfont

目的のフォントの書体名を指定する null で終わる文字列へのポインター。 lpFaceNameNULL の場合、EnumFonts は使用可能な書体ごとに 1 つのフォントをランダムに選択して列挙します。

[in] lpProc

アプリケーション定義呼び戻し関数へのポインター。 詳細については、「 EnumFontsProc」を参照してください。

[in] lParam

アプリケーション定義データへのポインター。 データは、フォント情報と共にコールバック関数に渡されます。

戻り値

戻り値は、コールバック関数によって返される最後の値です。 その意味は、アプリケーションによって定義されます。

注釈

EnumFonts の代わりに EnumFontFamiliesExを使用しますEnumFontFamiliesEx 関数は、TrueType フォントに関連付けられているスタイル名を取得するという点で EnumFonts 関数とは異なります。 EnumFontFamiliesEx を使用すると、EnumFonts 関数を使用して列挙できないフォント スタイルに関する情報を取得できます。

多くの東アジア言語のフォントには、英語の名前とローカライズされた名前の 2 つの書体名があります。 システム ロケールがフォントの言語と一致しない場合、EnumFontsEnumFontFamilies、EnumFontFamiliesEx は英語の書体名を返します。

注意

wingdi.h ヘッダーは、Unicode プリプロセッサ定数の定義に基づいて、この関数の ANSI または Unicode バージョンを自動的に選択するエイリアスとして EnumFonts を定義します。 エンコードに依存しないエイリアスをエンコードニュートラルでないコードと混在させると、コンパイルまたはランタイム エラーが発生する不一致が発生する可能性があります。 詳細については、「 関数プロトタイプの規則」を参照してください。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー wingdi.h (Windows.h を含む)
Library Gdi32.lib
[DLL] Gdi32.dll

こちらもご覧ください

EnumFontFamilies

EnumFontFamiliesEx

EnumFontsProc

フォント関数とテキスト関数

フォントとテキストの概要

GetDeviceCaps