ldap_compare_ext_sW関数 (winldap.h)

ldap_compare_ext_s関数を使用して、特定のエントリの属性が既知の値を保持しているかどうかを判断します。

構文

WINLDAPAPI ULONG LDAPAPI ldap_compare_ext_sW(
  [in] LDAP          *ld,
  [in] const PWSTR   dn,
  [in] const PWSTR   Attr,
  [in] const PWSTR   Value,
  [in] berval        *Data,
  [in] PLDAPControlW *ServerControls,
  [in] PLDAPControlW *ClientControls
);

パラメーター

[in] ld

セッション ハンドル。

[in] dn

比較するエントリの識別名を含む null で終わる文字列へのポインター。

[in] Attr

比較する属性を含む null で終わる文字列へのポインター。

[in] Value

属性値と比較する文字列属性値を含む null で終わる文字列へのポインター。 使用しない場合は NULL に設定します。

[in] Data

属性値と比較する berval 属性値。 使用しない場合は NULL に設定します。

[in] ServerControls

省略可能。 LDAP サーバー コントロールの一覧。 使用しない場合は NULL に設定します。

[in] ClientControls

省略可能。 LDAP クライアント コントロールの一覧。 使用しない場合は NULL に設定します。

戻り値

関数が成功し、属性と既知の値が一致する場合は、 LDAP_COMPARE_TRUE が返されます。値が一致しない場合は、 LDAP_COMPARE_FALSE が返されます。

関数が失敗した場合は、エラー コードが返されます。 詳細については、「 戻り値」を参照してください。

解説

ldap_compare_ext_s関数は、属性の値を既知の値と比較して、同期比較操作を開始します。 ldap_compare_sのものをサブスメldap_compare_ext_sのパラメーターと効果。 拡張ルーチンには、クライアントとサーバーのコントロールをサポートするための追加のパラメーターと、バイナリ値の比較が含まれています。

文字列値を比較する 場合は Value パラメーターを使用するか、生のバイナリ データを比較する場合は Data パラメーターを使用します。 未使用のパラメーターを NULL に設定 します。 どちらのパラメーターも NULL でない場合、比較操作では Data パラメーターの値が使用されます。

マルチスレッド: ldap_compare_ext_s の呼び出しはスレッド セーフです。

注意

winldap.h ヘッダーは、ldap_compare_ext_sをエイリアスとして定義し、UNICODE プリプロセッサ定数の定義に基づいて、この関数の ANSI または Unicode バージョンを自動的に選択します。 encoding-neutral エイリアスの使用を encoding-neutral ではないコードと混在すると、コンパイル エラーまたはランタイム エラーが発生する不一致が発生する可能性があります。 詳細については、「 関数プロトタイプの規則」を参照してください。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows Vista
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2008
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー winldap.h
Library Wldap32.lib
[DLL] Wldap32.dll

関連項目

拡張コントロール

関数

戻り値

コントロールの使用

berval

ldap_compare_s