RtlUnwind 関数 (winnt.h)

プロシージャ呼び出しフレームのアンワインドを開始します。

構文

NTSYSAPI VOID RtlUnwind(
  [in, optional] PVOID             TargetFrame,
  [in, optional] PVOID             TargetIp,
  [in, optional] PEXCEPTION_RECORD ExceptionRecord,
  [in]           PVOID             ReturnValue
);

パラメーター

[in, optional] TargetFrame

アンワインドのターゲットである呼び出しフレームへのポインター。 このパラメーターが の場合、 NULL関数は終了アンワインドを実行します。

[in, optional] TargetIp

アンワインドの継続アドレス。 TargetFrame が の場合、このパラメーターはNULL無視されます。

[in, optional] ExceptionRecord

EXCEPTION_RECORD構造体へのポインター。

[in] ReturnValue

実行を続行する前に、整数関数の戻り値レジスタに配置する値。

戻り値

この関数は値を返しません。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows XP [デスクトップ アプリ | UWP アプリ]
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2003 [デスクトップ アプリのみ | UWP アプリ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー winnt.h (Windows.h を含む)
Library Kernel32.lib
[DLL] Kernel32.dll

関連項目

EXCEPTION_RECORD

VBS エンクレーブで使用できる Vertdll API