RegLoadKeyA 関数 (winreg.h)

HKEY_USERSまたはHKEY_LOCAL_MACHINEの下にサブキーを作成し、指定したレジストリ ハイブからそのサブキーにデータを読み込みます。

システム ファイルやレジストリ ハイブを含むシステム状態をバックアップまたは復元するアプリケーションでは、レジストリ関数の代わりに ボリューム シャドウ コピー サービス を使用する必要があります。

構文

LSTATUS RegLoadKeyA(
  [in]           HKEY   hKey,
  [in, optional] LPCSTR lpSubKey,
  [in]           LPCSTR lpFile
);

パラメーター

[in] hKey

サブキーが作成されるキーのハンドル。 これは、 RegConnectRegistry の呼び出しによって返されるハンドル、または次の定義済みハンドルのいずれかです。

HKEY_LOCAL_MACHINEHKEY_USERS この関数は、常にレジストリ階層の上部に情報を読み込みます。 HKEY_CLASSES_ROOTHKEY_CURRENT_USERハンドルの値は、それぞれHKEY_LOCAL_MACHINEHKEY_USERSハンドル値のサブセットを表しているため、このパラメーターには指定できません。

[in, optional] lpSubKey

hKey の下に作成するキーの名前。 このサブキーは、ファイルからの登録情報が読み込まれる場所です。

キー名では大文字と小文字は区別されません。

詳細については、「 レジストリ要素のサイズ制限」を参照してください。

[in] lpFile

レジストリ データを含むファイルの名前。 このファイルは、 RegSaveKey 関数で作成されたローカル ファイルである必要があります。 このファイルが存在しない場合は、指定した名前のファイルが作成されます。

戻り値

関数が成功した場合、戻り値は ERROR_SUCCESS です。

関数が失敗した場合、戻り値は Winerror.h で定義されている 0 以外のエラー コードです。 FORMAT_MESSAGE_FROM_SYSTEM フラグと共に FormatMessage 関数を使用すると、エラーの一般的な説明を取得できます。

注釈

2 つのレジストリ ハイブ ファイル形式があります。 現在のオペレーティング システムで作成されたレジストリ ハイブは、通常、以前のオペレーティング システムでは読み込めません。

hKeyRegConnectRegistry によって返されるハンドルの場合、lpFile で指定されたパスはリモート コンピューターに対する相対パスです。

呼び出し元のプロセスには、レジストリが存在するコンピューターに対するSE_RESTORE_NAMEとSE_BACKUP_NAMEの特権が必要です。 詳細については、「 特別な特権を使用した実行」を参照してください。 これらの特別な特権を必要とせずにハイブを読み込むには、 RegLoadAppKey 関数を使用します。

注意

winreg.h ヘッダーは、Unicode プリプロセッサ定数の定義に基づいて、この関数の ANSI または Unicode バージョンを自動的に選択するエイリアスとして RegLoadKey を定義します。 エンコードに依存しないエイリアスをエンコードニュートラルでないコードと混在させると、コンパイルまたはランタイム エラーが発生する不一致が発生する可能性があります。 詳細については、「 関数プロトタイプの規則」を参照してください。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー winreg.h (Windows.h を含む)
Library Advapi32.lib
[DLL] Advapi32.dll

こちらもご覧ください

RegConnectRegistry

RegDeleteKey

RegLoadAppKey

RegReplaceKey

RegRestoreKey

RegSaveKey

RegUnLoadKey

レジストリ関数

Registry Hive