Share via


UnhookWindowsHookEx 関数 (winuser.h)

SetWindowsHookEx 関数によってフック チェーンにインストールされているフック プロシージャを削除します。

構文

BOOL UnhookWindowsHookEx(
  [in] HHOOK hhk
);

パラメーター

[in] hhk

種類: HHOOK

取り外すフックのハンドル。 このパラメーターは、 SetWindowsHookEx の以前の呼び出しによって取得されたフック ハンドルです。

戻り値

種類: BOOL

関数が成功すると、戻り値は 0 以外になります。

関数が失敗した場合は、0 を返します。 詳細なエラー情報を得るには、GetLastError を呼び出します。

解説

フック プロシージャは、 UnhookWindowsHookEx が返された後でも、別のスレッドによって呼び出された状態になります。 フック プロシージャが同時に呼び出されていない場合、フック プロシージャは UnhookWindowsHookEx が返される直前に削除されます。

例については、「 システム イベントの監視」を参照してください。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー winuser.h (Windows.h を含む)
Library User32.lib
[DLL] User32.dll
API セット ext-ms-win-ntuser-window-l1-1-0 (Windows 8 で導入)

関連項目

概念

フック

リファレンス

SetWindowsHookEx