DEBUGHOOKINFO 構造体 (winuser.h)

WH_DEBUG フック プロシージャ DebugProc に渡されるデバッグ情報が含まれます。

構文

typedef struct tagDEBUGHOOKINFO {
  DWORD  idThread;
  DWORD  idThreadInstaller;
  LPARAM lParam;
  WPARAM wParam;
  int    code;
} DEBUGHOOKINFO, *PDEBUGHOOKINFO, *NPDEBUGHOOKINFO, *LPDEBUGHOOKINFO;

メンバー

idThread

型: DWORD

フィルター関数を含むスレッドへのハンドル。

idThreadInstaller

型: DWORD

デバッグ フィルター関数をインストールしたスレッドへのハンドル。

lParam

型: LPARAM

DebugProc コールバック関数の lParam パラメーターのフックに渡される値。

wParam

型: WPARAM

DebugProc コールバック関数の wParam パラメーターのフックに渡される値。

code

型: int

DebugProc コールバック関数の nCode パラメーターのフックに渡される値。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
Header winuser.h (Windows.h を含む)

こちらもご覧ください

DebugProc

フック

SetWindowsHookEx