Share via


CIM_ComputerSystemMappedIO クラス

CIM_ComputerSystemMappedIO クラスは、コンピューター システムとその使用可能なメモリ マップ I/O ポートの間の関連付けを表します。

重要

DMTF (分散管理タスク フォース) CIM (共通情報モデル) クラスは、WMI クラスが構築される親クラスです。 WMI では現在、 CIM 2.x バージョン スキーマのみがサポートされています。

次の構文は、マネージド オブジェクト フォーマット (MOF) コードを簡素化しており、継承されたすべてのプロパティを含んでいます。 プロパティは、MOF の順序ではなく、アルファベット順で一覧表示されます。

構文

[Abstract, UUID("{A2EFC897-E3D3-11d2-8601-0000F8102E5F}"), AMENDMENT]
class CIM_ComputerSystemMappedIO : CIM_ComputerSystemResource
{
  CIM_ComputerSystem REF GroupComponent;
  CIM_MemoryMappedIO REF PartComponent;
};

メンバー

CIM_ComputerSystemMappedIO クラスには、次の種類のメンバーがあります。

プロパティ

CIM_ComputerSystemMappedIO クラスには、これらのプロパティがあります。

GroupComponent

データ型: CIM_ComputerSystem

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: オーバーライド (GroupComponent)

I/O ポートにマップされたコンピューター システムを表す CIM_ComputerSystem

このプロパティは、CIM_ComputerSystemResourceから継承されます

PartComponent

データ型: CIM_MemoryMappedIO

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: オーバーライド ("PartComponent")、 Weak

コンピューター システムのメモリ マップされた I/O ポートを記述する CIM_MemoryMappedIO

注釈

CIM_ComputerSystemMappedIO クラスは、CIM_ComputerSystemResourceから派生します。

WMI では、このクラスは実装されません。

このドキュメントは、DMTF によって公開されている CIM クラスの説明から派生しています。 Microsoft は、軽微なエラーを修正したり、Microsoft SDK ドキュメントの標準に準拠したり、詳細情報を提供したりするために変更を加えた可能性があります。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008
名前空間
Root\CIMV2
MOF
CIMWin32.mof
[DLL]
CIMWin32.dll

こちらもご覧ください

CIM_ComputerSystemResource