Share via


CIM_LogicalDevice クラス (CIMWin32 WMI プロバイダー)

CIM_LogicalDevice クラスは、物理ハードウェアで実現できるハードウェア エンティティを表します。

重要

DMTF (分散管理タスク フォース) CIM (共通情報モデル) クラスは、WMI クラスが構築される親クラスです。 WMI では現在、 CIM 2.x バージョン スキーマのみがサポートされています。

次の構文は、マネージド オブジェクト フォーマット (MOF) コードを簡素化しており、継承されたすべてのプロパティを含んでいます。 プロパティは、MOF の順序ではなく、アルファベット順に一覧表示されます。

構文

[Abstract, UUID("{8502C529-5FBB-11D2-AAC1-006008C78BC7}"), AMENDMENT]
class CIM_LogicalDevice : CIM_LogicalElement
{
  string   Caption;
  string   Description;
  datetime InstallDate;
  string   Name;
  string   Status;
  uint16   Availability;
  uint32   ConfigManagerErrorCode;
  boolean  ConfigManagerUserConfig;
  string   CreationClassName;
  string   DeviceID;
  uint16   PowerManagementCapabilities[];
  boolean  ErrorCleared;
  string   ErrorDescription;
  uint32   LastErrorCode;
  string   PNPDeviceID;
  boolean  PowerManagementSupported;
  uint16   StatusInfo;
  string   SystemCreationClassName;
  string   SystemName;
};

メンバー

CIM_LogicalDevice クラスには、次の種類のメンバーがあります。

メソッド

CIM_LogicalDevice クラスには、これらのメソッドがあります。

メソッド 説明
リセット 論理デバイスのリセットを要求します。 WMI によって実装されていません。
SetPowerState 論理デバイスの目的の電源状態と、デバイスをその状態にする必要があるタイミングを定義します。 WMI によって実装されていません。

プロパティ

CIM_LogicalDevice クラスには、これらのプロパティがあります。

可用性

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("MIF.DMTF|運用状態|003.5"、"MIB。IETF|HOST-RESOURCES-MIB.hrDeviceStatus")

デバイスの可用性と状態。

その他 (1)

不明 (2)

実行中/完全電源 (3)

警告 (4)

In Test (5)

該当なし (6)

電源オフ (7)

Off Line (8)

オフデューティ (9)

機能低下 (10)

インストールされていません (11)

インストール エラー (12)

省電力 - 不明 (13)

デバイスは省電力モードであることが知られていますが、正確な状態は不明です。

省電力 - 低電力モード (14)

デバイスは省電力状態ですが、引き続き機能しており、パフォーマンスが低下する可能性があります。

省電力 - スタンバイ (15)

デバイスは機能していませんが、すぐに完全な電力を供給できる可能性があります。

電源サイクル (16)

省電力 - 警告 (17)

デバイスは警告状態ですが、省電力モードでもあります。

一時停止 (18)

デバイスが一時停止しています。

準備ができていません (19)

デバイスの準備ができていません。

未構成 (20)

デバイスが構成されていません。

休止 ( 21)

デバイスは静かです。

Caption

データ型: string

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MaxLen (64)、 DisplayName ("Caption")

オブジェクトの短いテキスト説明。

このプロパティは 、CIM_ManagedSystemElementから継承されます。

ConfigManagerErrorCode

データ型: uint32

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: スキーマ ("Win32")

Win32 Configuration Managerエラー コード。

このデバイスは正常に動作しています。 (0)

このデバイスが正しく構成されていません。 (1)

Windows では、このデバイスのドライバーを読み込めません。 (2)

このデバイスのドライバーが破損しているか、システムがメモリやその他のリソースで不足している可能性があります。 (3)

このデバイスは正常に動作していません。 そのドライバーまたはレジストリの 1 つが破損している可能性があります。 (4)

このデバイスのドライバーには、Windows で管理できないリソースが必要です。 (5)

このデバイスのブート構成が他のデバイスと競合しています。 (6)

フィルター処理できません。 (7)

デバイスのドライバー ローダーがありません。 (8)

制御ファームウェアがデバイスのリソースを誤って報告しているため、このデバイスが正しく動作していません。 (9)

このデバイスを起動できません。 (10)

このデバイスは失敗しました。 (11)

このデバイスは、使用できる十分な空きリソースを見つけることができません。 (12)

Windows では、このデバイスのリソースを確認できません。 (13)

コンピューターを再起動するまで、このデバイスは正常に動作しません。 (14)

再列挙の問題が発生している可能性があるため、このデバイスは正常に動作していません。 (15)

Windows では、このデバイスが使用するすべてのリソースを識別できません。 (16)

このデバイスは、不明なリソースの種類を要求しています。 (17)

このデバイスのドライバーを再インストールします。 (18)

VxD ローダーを使用してエラーが発生しました。 (19)

レジストリが破損している可能性があります。 (20)

システム エラー: このデバイスのドライバーを変更してみてください。 問題が解決しない場合は、ハードウェアのドキュメントを参照してください。 Windows はこのデバイスを削除しています。 (21)

このデバイスは無効になっています。 (22)

システム エラー: このデバイスのドライバーを変更してみてください。 それでも問題が解決しない場合は、ハードウェアのドキュメントを参照してください。 (23)

このデバイスが存在しない、正しく動作していない、またはすべてのドライバーがインストールされていない。 (24)

Windows はこのデバイスを引き続き設定しています。 (25)

Windows はこのデバイスを引き続き設定しています。 (26)

このデバイスには有効なログ構成がありません。 (27)

このデバイスのドライバーはインストールされていません。 (28)

デバイスのファームウェアで必要なリソースが提供されていないため、このデバイスは無効になっています。 (29)

このデバイスは、別のデバイスが使用している割り込み要求 (IRQ) リソースを使用しています。 (30)

Windows はこのデバイスに必要なドライバーを読み込むことができないため、このデバイスが正しく動作していません。 (31)

ConfigManagerUserConfig

データ型: boolean

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: スキーマ ("Win32")

TRUE の場合、デバイスはユーザー定義の構成を使用します。

CreationClassName

データ型: string

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: CIM_Key

インスタンスの作成で使用されるクラスまたはサブクラスの名前。 クラスの他のキー プロパティと共に使用する場合、このプロパティを使用すると、クラスとそのサブクラスのすべてのインスタンスを一意に識別できます。

説明

データ型: string

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: DisplayName ("Description")

オブジェクトのテキスト説明。

このプロパティは 、CIM_ManagedSystemElementから継承されます。

DeviceID

データ型: string

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: CIM_Key

論理デバイスに一意の名前を付けるアドレスまたはその他の識別情報。

ErrorCleared

データ型: boolean

アクセスの種類: 読み取り専用

TRUE の場合、LastErrorCode プロパティで報告されたエラーはクリアされます。

ErrorDescription

データ型: string

アクセスの種類: 読み取り専用

LastErrorCode プロパティに記録されたエラーと実行する修正アクションに関する情報を提供する自由形式の文字列。

InstallDate

データ型: datetime

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("MIF.DMTF|ComponentID|001.5"), DisplayName ("インストール日")

オブジェクトがインストールされたタイミングを示します。 値がない場合、オブジェクトがインストールされていないことを示すわけではありません。

このプロパティは 、CIM_ManagedSystemElementから継承されます。

LastErrorCode

データ型: uint32

アクセスの種類: 読み取り専用

論理デバイスによって報告された最後のエラー コード。

名前

データ型: string

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: DisplayName ("Name")

オブジェクトが認識されるラベル。 サブクラス化すると、このプロパティをキー プロパティとしてオーバーライドできます。

このプロパティは 、CIM_ManagedSystemElementから継承されます。

PNPDeviceID

データ型: string

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: スキーマ ("Win32")

論理デバイスの Win32 プラグ アンド プレイデバイス識別子を示します。

例: "*PNP030b"

PowerManagementCapabilities

データ型: uint16 配列

アクセスの種類: 読み取り専用

論理デバイスの特定の電源関連機能を示します。

不明 (0)

電源関連の容量は不明です。

サポートされていません (1)

このデバイスでは、電源関連の容量はサポートされていません。

無効 (2)

電源関連の容量が無効になっています。

有効 (3)

電源管理機能は現在有効になっていますが、正確な機能セットが不明であるか、情報が使用できません。

自動的に入力された省電力モード (4)

デバイスは、使用状況やその他の条件に基づいて電源状態を変更できます。

電源状態設定可能 (5)

SetPowerState メソッドがサポートされています。 このメソッドは親 CIM_LogicalDevice クラスで見つかり、実装できます。 詳細については、「 マネージド オブジェクト形式 (MOF) クラスの設計」を参照してください。

電源循環がサポートされています (6)

SetPowerState メソッドは、PowerState パラメーターを 5 ("Power Cycle") に設定して呼び出すことができます。

時間指定の電源オンがサポートされています (7)

SetPowerState メソッドは、PowerState パラメーターを 5 ("Power Cycle") に設定し、Time パラメーターを特定の日付と時刻または間隔に設定して電源オンを行って呼び出すことができます。

PowerManagementSupported

データ型: ブール値

アクセスの種類: 読み取り専用

TRUE の場合、デバイスを電源管理できます。つまり、省電力状態になります。 FALSE の場合、PowerManagementCapabilities 配列の唯一のエントリは整数値 1 ("サポートされていません") である必要があります。

このプロパティは、電源管理機能が現在有効になっているか、有効になっているか、どの機能がサポートされているかを示しません。 詳細については、「 PowerManagementCapabilities 配列」を参照してください。

状態

データ型: string

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MaxLen (10)、 DisplayName ("Status")

オブジェクトの現在の状態を示す文字列。 運用状態と非運用状態を定義できます。 操作状態には、"OK"、"低下"、"事前失敗" が含まれます。 "Pred Fail" は、要素が正しく機能しているが、エラー (SMART 対応ハード ディスク ドライブなど) を予測していることを示します。

非運用状態には、"エラー"、"開始中"、"停止中"、"サービス" が含まれる場合があります。 "サービス" は、ディスクのミラー、ユーザーのアクセス許可リストの再読み込み、またはその他の管理作業中に適用できます。 このような作業のすべてがオンラインであるわけではありませんが、マネージド要素は "OK" でも、他の状態の 1 つでもありません。

このプロパティは、 CIM_ManagedSystemElementから継承されます。

次の値があります。

OK ("OK")

エラー ("Error")

機能低下 ("Degraded")

不明 ("不明")

Pred Fail ("Pred Fail")

開始 ("開始")

停止中 ("停止中")

サービス ("Service")

ストレス ( "ストレス")

NonRecover ("NonRecover")

連絡先なし ("連絡先なし")

Lost Comm ("Lost Comm")

StatusInfo

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("MIF.DMTF|運用状態|003.3")

論理デバイスの状態。 このプロパティが論理デバイスに適用されない場合は、値 5 ("Not Applicable") を使用する必要があります。

その他 (1)

不明 (2)

有効 (3)

無効 (4)

適用なし (5)

SystemCreationClassName

データ型: string

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: 伝達 ( "CIM_SystemCreationClassName") )、CIM_Key

スコープ システムの作成クラス名。

Systemname

データ型: string

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: 伝達 ( "CIM_SystemName") 、CIM_Key

スコープ システムの名前。

解説

操作または構成を管理する論理デバイス特性は、CIM_LogicalDevice オブジェクトに含まれているか、 関連付 けられます。 たとえば、プリンターの操作プロパティは、サポートされている用紙サイズや検出されたエラーです。 たとえば、センサー デバイスの構成プロパティはしきい値の設定です。 論理デバイスにはさまざまな構成が存在し、論理デバイスに関連付けられている CIM_Setting オブジェクトに含まれています。

CIM_LogicalDevice クラスは、CIM_LogicalElementから派生します。

WMI では、このクラスは実装されません。 CIM_LogicalDeviceから派生したクラスについては、「Win32 クラス」を参照してください。

このドキュメントは、DMTF によって公開されている CIM クラスの説明から派生しています。 Microsoft は、軽微なエラーを修正したり、Microsoft SDK ドキュメントの標準に準拠したり、詳細情報を提供したりするために変更を加えた可能性があります。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008
名前空間
Root\CIMV2
MOF
CIMWin32.mof
[DLL]
CIMWin32.dll

関連項目

CIM_LogicalElement