CIM_RedundancyComponent クラス

CIM_RedundancyComponent クラスは、マネージド システム要素で構成される冗長性グループを関連付け、要素が一緒に冗長性を提供することを示します。 冗長性グループに集計されるすべての要素は、同じオブジェクト クラスのインスタンス化である必要があります。

重要

DMTF (分散管理タスク フォース) CIM (共通情報モデル) クラスは、WMI クラスが構築される親クラスです。 WMI では現在、 CIM 2.x バージョン スキーマのみがサポートされています。

次の構文は、マネージド オブジェクト形式 (MOF) コードから簡略化され、継承されたすべてのプロパティが含まれています。 プロパティは、MOF の順序ではなく、アルファベット順で一覧表示されます。

構文

[Abstract, UUID("{FB9D6E62-DB36-11d2-85FC-0000F8102E5F}"), AMENDMENT]
class CIM_RedundancyComponent : CIM_Component
{
  CIM_RedundancyGroup      REF GroupComponent;
  CIM_ManagedSystemElement REF PartComponent;
};

メンバー

CIM_RedundancyComponent クラスには、次の種類のメンバーがあります。

プロパティ

CIM_RedundancyComponent クラスには、これらのプロパティがあります。

GroupComponent

データ型: CIM_RedundancyGroup

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: オーバーライド ("GroupComponent")

CIM_RedundancyComponent関連付けは、"このファンのセット" または "これらの物理エクステント" が 1 つの冗長性グループに参加することを示します。

PartComponent

データ型: CIM_ManagedSystemElement

アクセスの種類: 読み取り専用

関連付けの子要素を記述する CIM_ManagedSystemElement

このプロパティは、 CIM_Componentから継承されます。

注釈

CIM_RedundancyComponentCIM_Componentから派生します。

WMI では、このクラスは実装されません。

このドキュメントは、DMTF によって発行された CIM クラスの説明から派生しています。 Microsoft は、軽微なエラーの修正、Microsoft SDK ドキュメント標準への準拠、または詳細情報の提供を行うために変更を加えた可能性があります。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008
名前空間
Root\CIMV2
MOF
CIMWin32.mof
[DLL]
CIMWin32.dll

こちらもご覧ください

CIM_Component