Win32_DiskDriveToDiskPartition クラス

Win32_DiskDriveToDiskPartition関連付け WMI クラスは、ディスク ドライブとその上に存在するパーティションに関連します。

次の構文はマネージド オブジェクト フォーマット (MOF) のコードを単純化したもので、すべての継承されたプロパティを含みます。 プロパティは、MOF の順序ではなく、アルファベット順で一覧表示されます。

構文

[Dynamic, Provider("CIMWin32"), UUID("{8502C4F9-5FBB-11D2-AAC1-006008C78BC7}"), AMENDMENT]
class Win32_DiskDriveToDiskPartition : CIM_MediaPresent
{
  Win32_DiskDrive     REF Antecedent;
  Win32_DiskPartition REF Dependent;
};

メンバー

Win32_DiskDriveToDiskPartition クラスには、次の種類のメンバーがあります。

プロパティ

Win32_DiskDriveToDiskPartition クラスには、これらのプロパティがあります。

先行

データ型: Win32_DiskDrive

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: keyOverride ("Antecedent")、 MappingStrings ("WMI|Win32_DiskDrive")

パーティションが存在するディスク ドライブのプロパティを表すインスタンスへの参照。

依存型

データ型: Win32_DiskPartition

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: keyOverride ("Dependent")、 MappingStrings ("WMI|Win32_DiskPartition")

ディスク ドライブに存在するディスク パーティションを表すインスタンスへの参照。

解説

Win32_DiskDriveToDiskPartition クラスは、CIM_MediaPresentから派生します。

このクラスの使用方法については、「PowerShell を使用してディスク ドライブとパーティションをマップする」および「論理ドライブと物理ディスクを関連付ける方法」のブログ記事を参照してください。

Powershell を使用してディスク/パーティション/マウント ポイント情報を収集する PowerShell サンプルでは、Win32_DiskDriveToDiskPartitionを使用して、ローカル ディスク/パーティションとマウント ポイントに関する情報を返します。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008
名前空間
Root\CIMV2
MOF
CIMWin32.mof
[DLL]
CIMWin32.dll

こちらもご覧ください

CIM_MediaPresent

オペレーティング システム クラス

WMI タスク: ディスクとファイル システム