Share via


Win32_DiskPartition クラスの SetPowerState メソッド

論理デバイスに必要な電源状態と、デバイスをその状態にするタイミングを設定します。 サブクラスでは、 メソッドで ValueMap 修飾子を使用して、可能なリターン コードのセットを指定する必要があります。 ValueMap コンテンツの変換先の文字列は、サブクラスで Values 配列修飾子として指定する必要もあります。

重要

DMTF (分散管理タスク フォース) CIM (共通情報モデル) クラスは、WMI クラスが構築される親クラスです。 WMI では現在、 CIM 2.x バージョン スキーマのみがサポートされています。

構文

uint32 SetPowerState(
  [in] uint16   PowerState,
  [in] datetime Time
);

パラメーター

PowerState [in]

この論理デバイスの目的の電源状態を指定する ValueMap 値。

1

フルパワー。

2

省電力モードを節約します。

3

省電力スタンバイ。

4

その他の電源を節約します。

5

電源サイクル。

6

電源をオフにします。

Time [in]

電源状態を設定する必要がある場合を指定します。通常の日時値または間隔値 (メソッド呼び出しの受信時に間隔が開始されます)。 PowerState パラメーターが 5 ("Power Cycle") に等しい場合、Time パラメーターはデバイスの電源を再びオンにするタイミングを示します。 電源オフは即時です。

戻り値

成功した場合は 0 (ゼロ) を返し、指定された PowerState 要求と Time 要求がサポートされていない場合は 1 (1) を返し、他のエラーが発生した場合は別の値を返します。

注釈

現在、このメソッドは WMI によって実装されていません。 このメソッドを使用するには、独自のプロバイダーに実装する必要があります。

このドキュメントは、DMTF によって公開されている CIM クラスの説明から派生しています。 Microsoft は、軽微なエラーを修正したり、Microsoft SDK ドキュメントの標準に準拠したり、詳細情報を提供したりするために変更を加えた可能性があります。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008
名前空間
Root\CIMV2
MOF
CIMWin32.mof
[DLL]
CIMWin32.dll

こちらもご覧ください

CIM_DiskPartition

Win32_DiskPartition