EM_CALLAUTOCORRECTPROC メッセージ

挿入ポイントの前のテキストが自動修正の候補である場合は、 EM_SETAUTOCORRECTPROC メッセージによって格納されるオートコレクト コールバック関数を呼び出します。

#define EM_CALLAUTOCORRECTPROC       (WM_USER + 255)

パラメーター

wParam

WCHAR 型の文字。 この文字がタブ (U+0009) で、挿入ポイントの前の文字がタブでない場合、挿入ポイントの前の文字は、文字列区切り記号ではなくオートコレクト候補文字列の一部として扱われます。それ以外の場合、 wParam は効果がありません。

lParam

使用されません。は 0 にする必要があります。

戻り値

メッセージが成功した場合は戻り値は 0、エラーが発生した場合は 0 以外です。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 8 [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2012 [デスクトップ アプリのみ]
Header
Richedit.h

こちらもご覧ください

AutoCorrectProc

EM_GETAUTOCORRECTPROC

EM_SETAUTOCORRECTPROC