LB_SETCARETINDEX メッセージ

複数選択リスト ボックスの指定したインデックス位置にある項目にフォーカス四角形を設定します。 項目が表示されていない場合は、ビューにスクロールされます。

パラメーター

wParam

フォーカス四角形を受け取るリスト ボックス項目の 0 から始まるインデックスを指定します。

Windows 95/Windows 98/Windows Millennium Edition (Windows Me) : wParam パラメーターは 16 ビット値に制限されます。 つまり、リスト ボックスには 32,767 個を超える項目を含めることはできません。 項目の数は制限されていますが、リスト ボックス内の項目の合計サイズ (バイト単位) は、使用可能なメモリによってのみ制限されます。

lParam

この値が FALSE の場合、項目は完全に表示されるまでスクロールされます。 TRUE の場合、項目は少なくとも部分的に表示されるまでスクロールされます。

戻り値

エラーが発生した場合、戻り値は LB_ERR (-1) になります。 それ以外の場合は、LB_OKAY (0) が返されます。

解説

このメッセージが、選択した項目を含まない単一選択リスト ボックスに送信される場合、キャレット インデックスは wParam パラメーターで指定された項目に設定されます。 単一選択リスト ボックスに選択した項目が含まれている場合、リスト ボックスはLB_ERRを返します。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2003 [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー
Winuser.h (Windows.h を含む)

関連項目

LB_GETCARETINDEX