LB_SETCURSEL メッセージ

文字列を選択し、必要に応じてビューにスクロールします。 新しい文字列を選択すると、リスト ボックスによって、前に選択した文字列から強調表示が削除されます。

パラメーター

wParam

選択した文字列の 0 から始まるインデックスを指定します。 このパラメーターが -1 の場合、リスト ボックスは選択されていないよう設定されます。

Windows 95/Windows 98/Windows Millennium Edition (Windows Me) : wParam パラメーターは 16 ビット値に制限されます。 つまり、リスト ボックスには 32,767 個を超えるアイテムを含めることはできません。 項目の数は制限されていますが、リスト ボックス内の項目の合計サイズ (バイト単位) は、使用可能なメモリによってのみ制限されます。

lParam

このパラメーターは使用されません。

戻り値

エラーが発生した場合、戻り値はLB_ERR。 wParam パラメーターが -1 の場合、エラーが発生していなくても戻り値はLB_ERR。

解説

このメッセージは、単一選択リスト ボックスでのみ使用します。 複数選択リスト ボックスで選択範囲を設定または削除するために使用することはできません。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2003 [デスクトップ アプリのみ]
Header
Winuser.h (Windows.h を含む)

こちらもご覧ください

LB_GETCURSEL