リッチ エディット コントロールの使用

このセクションには、リッチ エディット コントロールを作成して使用する方法を示すトピックが含まれています。

このセクションの内容

トピック 説明
リッチ エディット コントロールを作成する方法
リッチ エディット コントロールを作成するには、 CreateWindowEx 関数を呼び出し、リッチエディット ウィンドウ クラスを指定します。 Microsoft Rich Edit 4.1 (Msftedit.dll) の場合は、ウィンドウ クラスとしてMSFTEDIT_CLASSを指定します。 以前のすべてのバージョンでは、RICHEDIT_CLASSを指定します。 詳細については、「 リッチ エディットのバージョン」を参照してください。
リッチ エディット コントロールでは、編集コントロールと追加のスタイルで使用されるほとんどのウィンドウ スタイルがサポートされています。 コントロールで複数行のテキストを許可する場合は、 ES_MULTILINE ウィンドウ スタイルを指定する必要があります。 詳細については、「 リッチ エディット コントロール スタイル」を参照してください
リッチ エディット コントロールでテキストの書式を設定する方法
アプリケーションは、文字と段落の書式を設定し、書式設定情報を取得するために、リッチ エディット コントロールにメッセージを送信できます。 段落の書式設定属性には、配置、タブ、インデント、段落番号、および単純なテーブルが含まれます。 文字の場合は、フォント名、サイズ、色、太字、斜体、保護などの効果を指定できます。
現在の選択範囲を操作する方法
ユーザーは、マウスまたはキーボードを使用して、リッチ エディット コントロール内のテキストを選択できます。 現在の選択範囲は、選択した文字の範囲、または文字が選択されていない場合のカーソル位置です。 アプリケーションは、現在の選択範囲に関する情報を取得し、設定し、変更時期を決定し、選択の強調表示を表示または非表示にすることができます。
リッチ テキスト編集操作を使用する方法
アプリケーションはメッセージを送信して、リッチ エディット コントロール内のテキストを取得または検索できます。 選択したテキストまたは指定したテキスト範囲を取得できます。
Word と改行情報を使用する方法
リッチ エディット コントロールは、単語区切りプロシージャと呼ばれる関数を呼び出して、単語間の区切りを検索し、改行できる場所を決定します。 コントロールでは、この情報は、ワード ラップ操作を実行するとき、および Ctrl + 左方向キーと Ctrl + 右方向キーの組み合わせを処理するときに使用されます。 アプリケーションは、メッセージをリッチ エディト コントロールに送信して、既定のワード区切りプロシージャの置き換え、ワード区切り情報の取得、特定の文字が配置される行の決定を行うことができます。
リッチ エディット クリップボード操作を使用する方法
アプリケーションでは、使用可能な最適なクリップボード形式または特定のクリップボード形式を使用して、クリップボードの内容をリッチエディット コントロールに貼り付けることができます。 また、豊富な編集コントロールがクリップボード形式を貼り付けることができるかどうかを判断することもできます。
ストリームの使用方法
ストリームを使用して、豊富な編集コントロールにデータを転送したり、編集コントロールからデータを転送したりすることができます。 ストリームは、バッファーとアプリケーション定義のコールバック関数を指定する EDITSTREAM 構造体によって定義されます。
リッチ エディット コントロールのサイズを自動的に変更する方法
アプリケーションは、コンテンツと常に同じサイズになるように、必要に応じてリッチ エディット コントロールのサイズを変更できます。 リッチ エディット コントロールでは、コントロールのコンテンツのサイズが変更されるたびに、親ウィンドウにEN_REQUESTRESIZE通知コードを送信することで、このいわゆるボトムレス機能がサポートされています。
リッチ エディット コントロール通知コードを使用する方法
リッチ エディット コントロールの親ウィンドウでは、通知コードを処理して、コントロールに影響を与えるイベントを監視できます。 リッチ エディット コントロールでは、編集コントロールと共に使用されるすべての通知コードと、いくつかの追加の通知コードがサポートされます。
リッチ エディット コントロールでフォント バインドを使用する方法
Microsoft Rich Edit 3.0 では、コンテキストに応じて文字セットがプレーンテキスト文字に割り当てられます。 いくつかの例を次に示します。
  • ギリシャ文字は GREEK_CHARSET割り当てられます。
  • ハングル記号は HANGUL_CHARSET割り当てられます。
  • 中国語の文字は、近くにかな文字が見つかった場合は SHIFTJIS_CHARSET 割り当てられます。また、近くにかなが見つからない場合は GB2312_CHARSET されます。
  • ニュートラルでない ANSI 文字は、任意のイベント でANSI_CHARSET 割り当てられます。
リッチ エディット コントロールで OLE を使用する方法
このセクションでは、リッチ エディット コントロールでオブジェクト のリンクと埋め込み (OLE) を使用する方法について説明します。
リッチ エディット コントロールの内容を印刷する方法
このセクションでは、リッチ エディット コントロールの内容を印刷する方法について説明します。