COM+ リソース ディスペンサーの実装

次の手順では、COM+ リソース ディスペンサーを実装するための一般的な手順について説明します。

  1. リソースの違いを分類する RESTYPID 形式を決定します。

  2. Mtxdm.h と Mtxdm.lib ヘッダー ファイルとライブラリをそれぞれ使用します。

  3. IDispenserDriver インターフェイスと、アプリケーションに公開する API を実装する DLL をビルドします。

  4. スタートアップ (DllMain またはディスペンサー API の最初の呼び出し) で 、GetDispenserManager 関数を 呼び出します。 これにより、ディスペンサー マネージャーの IDispenserManager インターフェイスへのポインターが返されます。

  5. IDispenserManager::RegisterDispenser を呼び出し、IDispenserDriver の実装へのポインターを渡します。 これにより、ディスペンサー マネージャーはリソース ディスペンサーのホルダー (プーリング マネージャー) を作成し、 IHolder インターフェイスへのポインターを返します。

  6. IHolder::AllocResource と IHolder::FreeResource を呼び出すことができるように、このポインターをMicrosoft Storeします。

  7. (API への呼び出しに応答して) AllocResourceFreeResource を呼び出すようになりました。 AllocResource は、最初は CreateResource メソッドを呼び出すことによって応答しますが、後の AllocResource 呼び出しは、増え続けるリソース プールから処理されます。

COM+ リソース ディスペンサーの概念

COM+ リソース ディスペンサー インターフェイス