IBackgroundCopyJob インターフェイス

IBackgroundCopyJob インターフェイスを使用して、ジョブにファイルを追加し、ジョブの優先順位レベルを設定し、ジョブの状態を決定し、ジョブを開始および停止します。

ジョブを作成するには、 IBackgroundCopyManager::CreateJob メソッドを 呼び出します。 既存のジョブへの IBackgroundCopyJob インターフェイス ポインターを取得するには、 IBackgroundCopyManager::GetJob メソッドを呼び出します。

メンバー

IBackgroundCopyJob インターフェイスは、IUnknown インターフェイスから継承します。 IBackgroundCopyJob には、次の種類のメンバーもあります。

メソッド

IBackgroundCopyJob インターフェイスには、これらのメソッドがあります。

Method 説明
キャンセル ジョブを取り消し、クライアントから一時ファイルを削除します。
完了 ジョブを終了し、転送されたファイルをクライアントに保存します。
EnumFiles ジョブ内のファイルを列挙するために使用する列挙子オブジェクトへのインターフェイス ポインターを返します。
GetDisplayName ジョブを識別する表示名を取得します。
GetError エラーが発生した後、エラー オブジェクトへのインターフェイス ポインターを取得します。
GetId キュー内のジョブの識別子を取得します。
GetNoProgressTimeout 一時的なエラー状態が発生した後に配信の最適化がファイルの転送を試み続ける時間を取得します。
GetNotifyFlags アプリケーションに設定したイベント通知 (コールバック) フラグを取得します。
GetNotifyInterface IBackgroundCopyCallback インターフェイス (コールバック) の実装へのポインターを取得します。
GetPriority ジョブに設定した優先度レベルを取得します。
GetProgress クライアントに転送されたバイト数やファイル数など、ジョブ関連の進行状況情報を取得します。
GetState ジョブの状態を取得します。
GetTimes ジョブが作成された時刻など、ジョブに関連するアクティビティのタイム スタンプを取得します。
Gettype ファイルのダウンロードなど、実行されている転送の種類を取得します。
[再開] 新しいジョブを開始するか、中断されたジョブを再起動します。
SetNoProgressTimeout 一時的なエラー状態が発生した後に配信の最適化がファイルの転送を継続する時間を指定します。
SetNotifyFlags 受信するイベント通知の種類を指定します。
SetNotifyInterface IBackgroundCopyCallback インターフェイス (コールバック) の実装へのポインターを指定します。 インターフェイスは、設定したイベント通知フラグに基づいて通知を受信します。
SetPriority 転送キュー内の他のジョブに対する相対的なジョブの優先順位を指定します。
中断 ジョブを一時停止します。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 10バージョン 1709 [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server バージョン 1709 [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー
Deliveryoptimization.h
IDL
DeliveryOptimization.idl
ライブラリ
Dosvc.lib
[DLL]
Dosvc.dll
IID
IID_IBackgroundCopyJobは 37668D37-507E-4160-9316-26306D150B12 と定義されています

関連項目

IBackgroundCopyFile

IBackgroundCopyManager