Share via


D3DXOptimizeFaces 関数

三角形リストの最適化された面の再マップを生成します。

構文

HRESULT D3DXOptimizeFaces(
  _In_    LPCVOID pIndices,
  _In_    UINT    NumFaces,
  _In_    UINT    NumVertices,
  _In_    BOOL    Indices32Bit,
  _Inout_ DWORD   *pFaceRemap
);

パラメーター

pIndices [in]

種類: LPCVOID

頂点の順序付けに使用する三角形リストインデックスへのポインター。

NumFaces [in]

型: UINT

三角形リスト内の面の数。 16 ビット メッシュの場合、これは 2^16 - 1 (65535) 以下の面に制限されます。

NumVertices [in]

型: UINT

三角形リストによって参照される頂点の数。

インデックス 32Bit [in]

種類: BOOL

インデックスの種類を示すフラグ: インデックスが 32 ビット (65535 を超えるインデックス) の場合は TRUE 、インデックスが 16 ビット (65535 以下のインデックス) の場合は FALSE

pFaceRemap [in, out]

種類: DWORD*

現在の面を生成するために分割された元のメッシュ面へのポインター。

戻り値

種類: HRESULT

関数が成功した場合、戻り値はD3D_OK。 関数が失敗した場合、戻り値は次のいずれかになります:D3DERR_INVALIDCALL、E_OUTOFMEMORY。

解説

この関数の最適化手順は、D3DXMESHOPT_DEVICEINDEPENDENT フラグを使用して ID3DXMesh::Optimize を呼び出すことと機能的に同じですが、この関数は頂点キャッシュをより効率的に使用します。

要件

要件
ヘッダー
D3DX9Mesh.h
ライブラリ
D3dx9.lib

関連項目

メッシュ関数