DXGI 1.5 の機能強化

出力形式のより柔軟な指定と重複をサポートするために、次の機能が Microsoft DirectX グラフィックス インフラストラクチャ (DXGI) 1.5 に追加されました。

ハイ ダイナミック レンジと広範な色域

高ダイナミック レンジ ディスプレイと高度な色で DirectX を使用するを参照してください。

変数のリフレッシュ レートの表示

可変リフレッシュ レートの表示を参照してください。

出力の複製

単一のメソッドである DuplicateOutput1 を使用する 1 つのインターフェイス IDXGIOutput5 が DXGI 1.5 に追加され、元の DuplicateOutput メソッドのより柔軟で高いパフォーマンス バージョンが提供されます。 DuplicateOutput1 を使用すると、 IDXGIOutputDuplication オブジェクトによって返される全画面表示サーフェスでサポートされる形式の一覧を指定し、HDR および WCG コンテンツをキャプチャできます。

リソースの提供と回収

リソースの破棄に加えてメモリのコミット解除を可能にするために、 OfferResources1 メソッドと ReclaimResources1 メソッドが新しいインターフェイス IDXGIDevice4 に追加されました。 新しい DXGI_OFFER_RESOURCE_FLAG_ALLOW_DECOMMIT フラグを選択すると、新しい回収結果を適切に処理する必要があります。

DXGI のプログラミング ガイド