命令修飾子 (HLSL VS リファレンス)

命令修飾子は、宛先レジスタに書き込まれる前の命令の結果に影響します。

_sat

宛先レジスタに書き込む前に、命令結果を [0,1] 範囲に飽和 (またはクランプ) します。

以下に例を示します。

add_sat dst, src0, src1

条件:

dst = clamp_between_0_and_1(src0 + src1)

_sat命令修飾子では、追加の命令スロットは発生しません。

サポートされている場合、_sat命令修飾子は、 frc - vssincos - vstexldl - vs を除く任意の命令で使用できます。

頂点シェーダーのバージョン 1_1 2_0 2_x 2_sw 3_0 3_sw
_sat x x

 

頂点シェーダー命令