IAMTimelineSrc::SetMediaLength メソッド

注意

[非推奨。 この API は、Windowsの今後のリリースから削除される可能性があります。

 

このメソッドは SetMediaLength 、ソース ファイルの期間を指定します。

構文

HRESULT SetMediaLength(
   REFERENCE_TIME Length
);

パラメーター

[データ型]

メディアの長さ (100 ナノ秒単位)。

戻り値

このメソッドが成功すると、 S_OKが返されます。 それ以外の場合は、 HRESULT エラー コードが返されます。

解説

メディアの停止時間を設定する前にメディアの長さを設定することで、レンダリング エラーの可能性を回避できます。 メディア停止時間を設定すると、DES によってメディアの長さに対してチェックされます。

このメソッドは Length パラメーターを検証しませんが、値はソース ファイルの実際の期間と等しい必要があります。 IMediaDet::get_StreamLength を呼び出して、ソース ファイルの期間を取得します。

注意

ヘッダー ファイル Qedit.h は、バージョン 7 より後の Direct3D ヘッダーと互換性がありません。

 

注意

Qedit.h を入手するには、Windows Vista 用の Microsoft Windows SDK Update をダウンロードし、3.0 を.NET Frameworkします。 Qedit.h は、Windows 7 および .NET Framework 3.5 Service Pack 1 のMicrosoft Windows SDKでは使用できません。

 

要件

要件
ヘッダー
Qedit.h
ライブラリ
Strmiids.lib

関連項目

IAMTimelineSrc インターフェイス

エラーコードと成功コード