CIM_ManagedSystemElement クラス (Hyper-V 管理)

CIM_ManagedSystemElement は、システム要素階層の基本クラスです。 システムのコンポーネントは、このクラスまたはそのサブクラスによって表される可能性があります。

構文

[Abstract, Version("2.22.0"), UMLPackagePath("CIM::Core::CoreElements"), AMENDMENT]
class CIM_ManagedSystemElement : CIM_ManagedElement
{
  datetime InstallDate;
  string   Name;
  uint16   OperationalStatus[];
  string   StatusDescriptions[];
  string   Status;
  uint16   HealthState;
  uint16   CommunicationStatus;
  uint16   DetailedStatus;
  uint16   OperatingStatus;
  uint16   PrimaryStatus;
};

メンバー

CIM_ManagedSystemElement クラスには、次の種類のメンバーがあります。

プロパティ

CIM_ManagedSystemElement クラスには、次のプロパティがあります。

CommunicationStatus

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

インストルメンテーションがこの要素と通信する機能を示します。 NULL 値は、インストルメンテーションでこのプロパティがサポートされていないことを示します。

不明 (0)

使用できません (1)

通信 OK (2)

失われた通信 (3)

連絡先なし (4)

DMTF 予約済み (..)

ベンダー予約済み (0x8000..)

DetailedStatus

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: ModelCorrespondence ("CIM_EnabledLogicalElement.PrimaryStatus"、"CIM_ManagedSystemElementHealthState")

PrimaryStatus プロパティを補完する追加の状態の詳細を示します。 NULL 値は、インストルメンテーションがこのプロパティをサポートしていないことを示します。

使用できません (0)

追加情報なし (1)

ストレス ( 2)

予測エラー (3)

回復不可能なエラー (4)

エラーのサポート エンティティ (5)

DMTF 予約済み (..)

ベンダー予約済み (0x8000..)

HealthState

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

要素の現在の正常性を示します。 この属性は、この要素の正常性を表しますが、必ずしもサブコンポーネントの正常性を表すわけではありません。

不明 (0)

OK (5)

低下/警告 (10)

マイナー エラー (15)

重大な障害 (20)

重大なエラー (25)

回復不可能なエラー (30)

DMTF 予約済み (..)

InstallDate

データ型: datetime

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("MIF.DMTF|ComponentID|001.5")

オブジェクトがインストールされたタイミングを示します。 値がない場合、オブジェクトがインストールされていないことは示されません。

名前

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MaxLen (1024)

オブジェクトが認識されるラベル。 サブクラス化すると、 Name プロパティをオーバーライドしてキー プロパティにすることができます。

OperatingStatus

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: ModelCorrespondence ("CIM_EnabledLogicalElement.EnabledState")

要素の現在の操作条件を示します。 このプロパティを使用すると、 EnabledState プロパティの値の詳細を指定できます。 NULL 値は、インストルメンテーションがこのプロパティをサポートしていないことを示します。

"不明" は次を示します

"None" は、〘〘

"サービス"

"開始中"

"停止中"

「停止」と「中止」は似ていますが、前者は同様ですが、後者のi

"休止状態" は、次のことが示されます。

"Completed" は、t

"移行中"

"Immigrating"

"Emigrating"

"シャットダウン中"

"In Test"

"移行中"

"In Service"

不明 (0)

実装は一般的にこのプロパティを返すことが可能ですが、現時点ではこれを行うことができません。

使用できません (1)

実装 (プロバイダー) は、このプロパティの値を返すことができるが、この特定のハードウェア/ソフトウェアの値を返すことができるわけではないか、またはプロパティが意図的に使用されていないのは、(別のプロパティに追加情報を追加することを意図したプロパティの場合と同様に) 意味のある情報が追加されないためです。

サービス (2)

構成、保守、クリーニング、またはその他の方法で管理されている要素について説明します。

開始 (3)

初期化される要素について説明します。

停止中 (4)

順序付けされた停止に持ち込まれる要素について説明します。

停止 ( 5)

クリーンで整った停止が発生しました。

Aborted (6)

突然の停止が発生しました。ここで、要素の状態と構成を更新する必要があります。

休止状態 (7)

要素が非アクティブであるか、静止しています。

完了 (8)

要素は、その操作を完了しました。 この値は、PrimaryStatus で OK、エラー、または機能低下のいずれかと組み合わせて、クライアントが完了した操作が OK (成功)、エラーあり (失敗)、または機能低下で完了 (操作が完了したが、OK が完了しなかったか、エラーが報告されなかった) かをクライアントが確認できるようにする必要があります。

移行 ( 9)

要素はホスト要素間で移動中です。

移住 (10)

要素はホスト要素から移動されています。

Immigrating (11)

要素が新しいホスト要素に移動されています。

スナップショット処理 (12)

シャットダウン (13)

突然停止する要素について説明します。

In Test (14)

要素はテスト関数を実行しています。

切り替え (15)

状態の間にある要素について説明します。つまり、以前の状態または次の状態では完全には使用できません。 特定の状態への移行を示す他の値が適用されない場合は、この値を使用する必要があります。

In Service (16)

サービスおよび運用中の要素について説明します。

DMTF 予約済み (..)

ベンダー予約済み (0x8000..)

OperationalStatus

データ型: uint16 配列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: ArrayType ("Indexed")、 ModelCorrespondence ("CIM_ManagedSystemElementStatusDescriptions")

要素の現在の状態のインジケーターが含まれています。 OperationalStatus プロパティの最初の値には、要素のプライマリ状態が含まれている必要があります。

Note

OperationalStatus プロパティは、非推奨の Status プロパティを置き換えます。 管理アプリケーションで既存の Status プロパティが広範に使用されているため、プロバイダーまたはインストルメンテーションで Status プロパティと OperationalStatus プロパティの両方を提供することを強くお勧めします。 インストルメント化された 場合、Status は単一値プロパティであるため、要素の主要な状態も提供する必要があります。

不明 (0)

その他 (1)

OK (2)

機能低下 (3)

ストレス ( 4)

要素は機能していますが、注意が必要です。 "ストレス" 状態の例としては、オーバーロード、過熱などがあります。

予測エラー (5)

要素は名目上機能していますが、近い将来に障害を予測しています。

エラー (6)

回復不可能なエラー (7)

開始 (8)

停止中 (9)

停止済み (10)

順序付けされた停止が発生しました。

In Service (11)

構成、保守、クリーニング、またはその他の管理を行う要素。

連絡先なし (12)

監視システムにはこの要素に関する知識がありますが、その要素との通信を確立することはできませんでした。

コミュニケーションの喪失 (13)

ManagedSystem 要素は存在することがわかっており、過去に正常に接続されましたが、現在は到達できません。

中止 ( 14)

要素の状態と構成を更新する必要がある突然の停止が発生しました。

休止状態 (15)

要素が非アクティブであるか、静止しています。

エラーのサポート エンティティ (16)

この要素は "OK" である可能性がありますが、依存している別の要素がエラーになっています。 たとえば、低層ネットワークの問題が原因で機能できないネットワーク サービスまたはエンドポイントです。

完了 (17)

要素は、その操作を完了しました。

電源モード (18)

この要素には、関連する PowerManagementService アソシエーションに含まれる追加の電源モデル情報があります。

DMTF 予約済み (..)

ベンダー予約済み (0x8000..)

PrimaryStatus

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: ModelCorrespondence ("CIM_ManagedSystemElementDetailedStatus"、"CIM_ManagedSystemElementHealthState")

高レベルの状態値を示します。

不明 (0)

OK (1)

機能低下 (2)

エラー (3)

DMTF 予約済み (..)

ベンダー予約済み (0x8000..)

状態

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: 非推奨 ("CIM_ManagedSystemElementOperationalStatus") 、MaxLen (10)

オブジェクトの主要な状態を示します。

Note

このプロパティの使用は非推奨とされます。 OperationalStatus プロパティに置き換えられます。 下位互換性のために Status プロパティを使用する場合は、 OperationalStatus プロパティのセカンダリである必要があります。

("OK")

("Error")

("機能低下")

("不明")

("Pred Fail")

("Starting")

("停止中")

("Service")

("Stressed")

("NonRecover")

("連絡先なし")

("Lost Comm")

("Stopped")

StatusDescriptions

データ型: 文字列 配列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: ArrayType ("Indexed")、 ModelCorrespondence ("CIM_ManagedSystemElementOperationalStatus")

OperationalStatus 配列内の対応する値の説明を示します。 たとえば、 OperationalStatus プロパティの要素に値 Stopping が含まれている場合、このプロパティの同じ配列インデックスにある要素には、オブジェクトが停止されている理由に関する説明が含まれている可能性があります。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 8
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2012
名前空間
Root\virtualization\v2
MOF
WindowsVirtualization.V2.mof
[DLL]
Vmms.exe

関連項目

CIM_ManagedElement