LOCALE_SCONSOLEFALLBACKNAME

Windows Vista 以降: コンソールの表示に使用する優先ロケール。 この文字列に使用できる最大文字数は、終端の null 文字を含めて 85 文字です。

Note

一般に、アプリケーションではLOCALE_SCONSOLEFALLBACKNAMEデータを直接使用しないでください。 コンソール ウィンドウで使用する言語リソースを特定するには、アプリケーションで SetThreadUILanguage または SetThreadPreferredUILanguages を呼び出す必要があります。 これらの関数は、コンソールで読みやすい言語を選択する際の要因としてコンソール フォールバック データを使用しますが、唯一の決定要因ではありません。 特に、コンソールは 1 つのコード ページからの文字の表示に制限されます。 たとえば、ギリシャ語 (ギリシャ) の el-GR は有効なコンソール言語ですが、現在のコンソール コード ページが Latin-1 (コード ページ 1252) の場合、コンソールには主に文字が見つからない一連の記号としてギリシャ語のテキストが表示されます。

 

このロケールに対応する言語がコンソールでサポートされている場合、値は LOCALE_SNAME の場合と同じです。つまり、ロケール自体をコンソールの表示に使用できます。 ただし、コンソールでは、 Uniscribe でのみレンダリングできる言語を表示することはできません。 たとえば、コンソールでアラビア語やさまざまなインド言語を表示することはできません。 したがって、これらの言語に対応するロケールのLOCALE_SCONSOLEFALLBACKNAME値は、LOCALE_SNAMEの値とは異なります。

定義済みのロケールの場合、フォールバック値がロケール自体の値と異なる場合は、ニュートラル ロケールの値が使用されます。 特定のロケールは言語と国/地域の両方に関連付けられますが、ニュートラル ロケールは言語に関連付けられていますが、国/地域には関連付けられません。 たとえば、ar-SA は "en-US" ではなく "en" にフォールバックします。 ニュートラル ロケールを使用するこのポリシーは、定義済みのロケールに対して一貫して実装され、カスタム ロケールには強くお勧めします。 ただし、ポリシーは適用されません。 カスタム ロケールの場合、アプリケーションはフォールバックとしてニュートラル ロケールではなく特定のロケールを使用できます。

Note

「ロケール名」関数の呼び出しで説明されているどの関数も、ニュートラル ロケールを入力として受け入れる必要はありません。 したがって、LOCALE_SCONSOLEFALLBACKNAMEデータの使用は非常に限られています。 特に、 GetLocaleInfoGetLocaleInfoEx はどちらも、ニュートラル ロケールを入力として受け入れていません。