IAgentCharacter::GetVisibilityCause

[Microsoft エージェントは Windows 7 の時点で非推奨となり、以降のバージョンのWindowsでは使用できない場合があります。

HRESULT GetVisibilityCause(
   long * pdwCause  // address of variable for cause of character visible state
);

文字の表示状態の原因を取得します。

  • 操作が成功したことを示すS_OKを返します。

pdwCause

文字の最後の可視性の状態変更の原因を受け取り、次のいずれかになる変数のアドレス。

説明
const unsignedshortNeverShown = 0;
文字が表示されていません。
const unsignedshortUserHid = 1;
ユーザーは、文字のタスク バー アイコンのポップアップ メニューまたは音声入力を使用して、文字を隠しました。
const unsignedshortUserShowed = 2;
ユーザーが文字を表示しました。
const unsignedshortProgramHid = 3;
アプリケーションが文字を隠しました。
const unsignedshortProgramShowed = 4;
アプリケーションに文字が表示されました。
const unsignedshortOtherProgramHid = 5;
別のアプリケーションが文字を隠しました。
const unsignedshortOtherProgramShowed = 6;
別のアプリケーションで文字が表示されました。
const unsignedshortUserHidViaCharacterMenu = 7
ユーザーは、文字のポップアップ メニューで文字を隠しました。
const unsignedshortUserHidViaTaskbarIcon = UserHid
ユーザーは、文字のタスク バー アイコンのポップアップ メニューまたは音声入力を使用して、文字を隠しました。

参照

IAgentNotifySink::VisibleState