MF_MT_DEFAULT_STRIDE属性

非圧縮ビデオ メディア タイプの既定のサーフェスストライド。 ストライドは、ピクセルの 1 行から次の行に移動するために必要なバイト数です。

データ型

UINT32

INT32 値として扱います。

注釈

属性値は UINT32 として格納されますが、32 ビット符号付き整数値にキャストする必要があります。 ストライドは負の値になる可能性があります。

ストライドはトップダウン画像では肯定的で、ボトムアップ画像の場合は否定的です。

この属性は、メモリ内のイメージの 連続した 表現のストライドを提供します。つまり、各行の後に追加の埋め込みバイトがない表現です。 メディア バッファーが IMF2DBuffer インターフェイスをサポートしている場合は、 IMF2DBuffer::Lock2D メソッドを使用してサーフェスの実際のストライドを取得します。これには余分なパディング バイトが含まれる可能性があります。

サーフェスストライドの詳細については、「 イメージストライド」を参照してください。

既定のストライドを計算する方法の例については、「 非圧縮ビデオ バッファー」を参照してください。

この属性の GUID 定数は、mfuuid.lib からエクスポートされます。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista [デスクトップ アプリ |UWP アプリ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008 [デスクトップ アプリ |UWP アプリ]
Header
Mfapi.h

こちらもご覧ください

Media Foundation 属性のアルファベット順の一覧

IMFAttributes::GetUINT32

IMFAttributes::SetUINT32

IMFMediaType

メディアの種類の属性

イメージストライド