MF_MT_FRAME_RATE_RANGE_MIN属性

ビデオ キャプチャ デバイスでサポートされる最小フレーム レート (1 秒あたりのフレーム数)。

データ型

UINT64

取得/設定

この属性を取得するには、 MFGetAttributeRatio を呼び出します。

この属性を設定するには、 MFSetAttributeRatio を呼び出します。

注釈

フレーム レートは比率として表されます。 属性値の上位 32 ビットには分子が含まれており、下位 32 ビットには分母が含まれます。 たとえば、フレーム レートが 30 フレーム/秒 (fps) の場合、比率は 30/1 です。

キャプチャ デバイスが最小フレーム レートを報告する場合、メディア ソースはメディア の種類にこの属性を設定します。 最大フレーム レートは 、MF_MT_FRAME_RATE_RANGE_MAX 属性で指定されます。 デバイスは、この範囲内のすべての増分をサポートするとは限りません。

デバイスのフレーム レートを設定するには、まずメディア タイプの MF_MT_FRAME_RATE 属性の値を変更します。 次に、メディア ソースでメディアの種類を設定します。

この属性の GUID 定数は、mfuuid.lib からエクスポートされます。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 7 [デスクトップ アプリ |UWP アプリ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008 R2 [デスクトップ アプリ |UWP アプリ]
Header
Mfapi.h

こちらもご覧ください

Media Foundation 属性のアルファベット順の一覧

ビデオ キャプチャのフレーム レートを設定する方法

メディアの種類の属性

ビデオ キャプチャ

MF_MT_FRAME_RATE_RANGE_MAX