MFT_SUPPORT_DYNAMIC_FORMAT_CHANGE属性

Media Foundation 変換 (MFT) が動的な形式の変更をサポートするかどうかを指定します。

データ型

UINT32

ブール値として扱います。

注釈

この属性には、次の値を指定できます。

説明
TRUE クライアントは、ストリーミング中に入力形式を変更できます。
FALSE クライアントが入力形式を変更するには、MFT をドレインする必要があります。

 

この属性を取得するには、まず IMFTransform::GetAttributes を呼び出して、MFT のグローバル属性ストアを取得します。 次 に、IMFAttributes::GetUINT32 を呼び出して属性値を取得します。

GetAttributes が失敗した場合、または属性が存在しない場合は、FALSE の場合は既定値です。

非同期 MFT は 、値 TRUE を返す必要があります。

詳細については、「 ストリームの変更の処理」を参照してください。

この属性の GUID 定数は、mfuuid.lib からエクスポートされます。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista [デスクトップ アプリ |UWP アプリ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008 [デスクトップ アプリ |UWP アプリ]
Header
Mfapi.h

こちらもご覧ください

Media Foundation 属性のアルファベット順の一覧

非同期 MFT

属性の変換

IMFAttributes::GetUINT32

IMFAttributes::SetUINT32

IMFTransform