OPM ステータス フラグ

次の表のフラグは、Output Protection Manager (OPM) セッションの状態を指定します。

定数/値 説明
OPM_STATUS_NORMAL
0x00
通常の状態。
OPM_STATUS_LINK_LOST
0x01
接続の整合性が侵害されました。 ドライバーがこのフラグを設定する原因となるイベントの例を次に示します。
  • ドライバーは、現在の保護レベルを適用できなくなりました。
  • ドライバーが内部整合性エラーを検出しました。
  • コンピューターとディスプレイ デバイスの間のコネクタが取り外されました。
OPM_STATUS_RENEGOTIATION_REQUIRED
0x02
接続の構成が変更されました。 たとえば、ユーザーがデスクトップ表示モードを変更したとします。
OPM_STATUS_TAMPERING_DETECTED
0x04
グラフィックス アダプターまたはドライバーが改ざんされています。
このフラグは 、COPP エミュレーション モードでは使用されません。 代わりに、ビデオ出力で改ざんが検出された場合、OPM_STATUS_LINK_LOST フラグが設定されます。
OPM_STATUS_REVOKED_HDCP_DEVICE_ATTACHED
0x08
取り消されたHigh-Bandwidthデジタル コンテンツ保護 (HDCP) デバイスがビデオ出力にアタッチされます。
この状態フラグは、 OPM_GET_VIRTUAL_PROTECTION_LEVEL または OPM_GET_ACTUAL_PROTECTION_LEVEL クエリから返すことができます。
取り消されたデバイスは、ビデオ出力に直接接続されるか、HDCP リピーターを介して間接的に接続される可能性があります。 HDCP が有効になっている間にこの状態を検出するにはビデオ出力が必要ですが、それ以外の場合は検出されません。
ビデオ出力ではそのモードで取り消されたデバイスが検出されないため、このフラグは COPP エミュレーション モードでは使用されません。

注釈

これらの定数の一部は、認定出力保護プロトコル (COPP) で使用される COPP_StatusFlags 列挙体の値と同等です。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008 [デスクトップ アプリのみ]
Header
Opmapi.h

こちらもご覧ください

OPM 列挙