Share via


InstallExecute アクション

InstallExecute アクションを使って、インストールの開始、最後の InstallExecute アクション、または InstallExecuteAgain アクション以降のアクション シーケンスのすべての操作を含むスクリプトを実行できます。 InstallExecute アクションでは、トランザクションを終了せずにシステムを更新できます。

順序の制限

InstallExecute アクションは InstallInitialize アクションInstallFinalize アクションの間に配置します。

ActionData メッセージ

ActionData のメッセージはありません。

解説

InstallExecuteAgain アクションは InstallExecute アクションと同じことを行います。 シーケンス テーブルには主キー Action 列が 1 つしかないため、特定のシーケンス テーブルで同じアクションを繰り返すことはできません。 InstallExecuteSequence テーブルで InstallExecute の機能が 2 回必要な場合のために、同じことを行う InstallExecute と InstallExecuteAgain という 2 つのアクションが存在します。 詳細については、「シーケンス テーブルの使用」を参照してください。