MCI_CUT コマンド

MCI_CUT コマンドは、ファイルからデータを削除し、クリップボードにコピーします。 デジタル ビデオ デバイスはこのコマンドを認識します。

このコマンドを送信するには、次のパラメーターを指定して mciSendCommand 関数を呼び出します。

MCIERROR mciSendCommand(
  MCIDEVICEID wDeviceID, 
  MCI_CUT, 
  DWORD dwFlags, 
  (DWORD) (LPMCI_DGV_CUT_PARMS) lpCut
);

パラメーター

wDeviceID

コマンド メッセージを受信する MCI デバイスのデバイス識別子。

Dwflags

MCI_NOTIFY、MCI_WAIT、またはMCI_TEST。 これらのフラグの詳細については、「 待機、通知、およびテスト フラグ」を参照してください。

lpCut

MCI_DGV_CUT_PARMS構造体へのポインター。

戻り値

成功した場合は 0 を返し、それ以外の場合はエラーを返します。

解説

次の追加フラグは、デジタル ビデオ デバイスに適用されます。

MCI_DGV_CUT_AT

lpCut で識別される構造体の rc メンバーには、四角形が含まれています。 四角形は、切り取る各フレームの部分を指定します。 フラグを省略すると、フレーム全体MCI_CUT切り取ります。

MCI_DGV_CUT_AUDIO_STREAM

オーディオ ストリーム番号は、lpCut で識別される構造体の dwAudioStream メンバーに含まれています。 このフラグを使用し、ビデオを切り取る場合は、MCI_DGV_CUT_VIDEO_STREAM フラグも使用する必要があります。 (どちらのフラグも指定しない場合は、すべてのオーディオ ストリームとビデオ ストリームのデータが切り取られます)。

MCI_DGV_CUT_VIDEO_STREAM

ビデオ ストリーム番号は、lpCut で識別される構造体の dwVideoStream メンバーに含まれています。 このフラグを使用し、オーディオをカットする場合は、MCI_DGV_CUT_AUDIO_STREAM フラグも使用する必要があります。 (どちらのフラグも指定しない場合は、すべてのオーディオ ストリームとビデオ ストリームのデータが切り取られます)。

MCI_FROM

開始位置は、lpCut によって識別される構造体の dwFrom メンバーに含まれます。 位置値に割り当てられる単位は、 MCI_SET コマンドの MCI_SET_TIME_FORMAT フラグで指定されます。

MCI_TO

終了位置は、lpCut によって識別される構造体の dwTo メンバーに含まれます。 位置の値に割り当てられる単位は、MCI_SETのMCI_SET_TIME_FORMAT フラグで指定されます。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー
Mmsystem.h (Windows.h を含む)

関連項目

MCI

MCI コマンド