P (ネットワーク モニター)

パケット

フレームを参照してください。

パーサー

遅延キャプチャで特定のプロトコルを検出するコンポーネント。 各パーサーは、1 つのプロトコルを検出できます。 ただし、1 つのパーサー DLL に複数のパーサーが含まれている場合があります。 プロトコル パーサーとも呼ばれます。

parser.ini

インストールされているすべてのパーサーの一覧を含むネットワーク モニター初期化ファイル。 パーサーごとに、パーサー、パーサーの次のセット、およびパーサーに関連付けられているヘルプ ファイルを記述するコメント文字列があります。 パーサー INI ファイルは、ネットワーク モニターが ParserAutoInstallInfo を呼び出すとき、またはパーサー DLL が CreateHandoffTable を呼び出すときに更新されます。

Perfmon

プロセスのアクティビティを識別するネットワーク パフォーマンス関連の変数を表示できるソフトウェア ツール。

promiscuous モード

宛先アドレスに関係なく、ネットワーク アダプター カードがネットワーク経由で通過するすべてのフレームをローカル バッファーにコピーする状態。 このモードでは、ネットワーク モニターですべてのネットワーク トラフィックをキャプチャして表示できます。

プロパティ

そのプロトコルを使用して送信されるフレーム内のデータ フィールドを記述するパーサー内のプロトコル要素。

プロパティ データベース

特定のプロトコルでサポートされるすべてのプロパティを定義する内部データベース。 プロパティ データベースには、パーサーが定義する各プロパティの PROPERTYINFO 構造体が含まれています。 ネットワーク モニターは、プロパティ定義をプロパティのインスタンスにアタッチするとき、およびネットワーク モニター UI の詳細ウィンドウに表示されるプロパティ データの書式を設定するときに、データベース内の情報を使用します。

プロトコル レベル

プロトコル プロパティの論理グループ。