Share via


glMapGrid1f 関数

1 次元メッシュを定義します。

構文

void WINAPI glMapGrid1f(
   GLint   un,
   GLfloat u1,
   GLfloat u2
);

パラメーター

un

グリッド範囲の間隔 [u1, u2] 内のパーティションの数。 必ず正の値を指定します。

u1

整数グリッド ドメイン値 i = 0 のマッピングとして使用される値。

u2

整数グリッド ドメイン値 i = un のマッピングとして使用される値。

戻り値

この関数は値を返しません。

エラー コード

glGetError 関数では、次のエラー コードを取得できます。

名前 意味
GL_INVALID_VALUE
un または vn が正でなかった。
GL_INVALID_OPERATION
この関数は、 glBegin の呼び出しと glEnd の対応する呼び出しの間で呼び出されました。

解説

glMapGrid 関数と glEvalMesh 関数は、一連の等間隔マップ ドメイン値を効率的に生成および評価するために並行して使用されます。 glEvalMesh 関数は、1 次元または 2 次元グリッドの整数ドメインをステップ実行します。この範囲は、 glMap1 と glMap2 で指定された評価マップのドメイン です

glMapGrid1 関数と glMapGrid2 関数は、i (または i と j) の整数グリッド座標と u (または u および v) 浮動小数点評価マップ座標との間の線形グリッド マッピングを指定します。 you 座標と v 座標の評価方法の詳細については、 glMap1glMap2 を参照してください。

glMapGrid1 関数は、整数グリッド座標 0 が u1 に正確にマップされ、整数グリッド座標 unu2 に正確にマップされるように、1 つの線形マッピングを指定します。 他のすべての整数グリッド座標 i は、次のようにマップされます。

u = i(u2 u1)/un + u1

glMapGrid2 関数は、このような 2 つの線形マッピングを指定します。 1 つは整数グリッド座標 i = 0u1 に、整数グリッド座標 i = unu2 に正確にマップします。 もう 1 つでは、整数グリッド座標 j = 0v1 に正確にマップし、整数グリッド座標 j = vnv2 に正確にマップします。 その他の整数グリッド座標 i と j は、次のようにマップされます。

u = i(u2 u1)/un + u1

v = j (v2 v1)/vn + v1

glMapGrid で指定されたマッピングは、glEvalMeshglEvalPoint で同じように使用されます。

次の関数は 、glMapGrid に関連する情報を取得します。

引数GL_MAP1_GRID_DOMAINを含む glGet
引数GL_MAP2_GRID_DOMAINを含む glGet
glGet と引数 GL_MAP1_GRID_SEGMENTS
glGet と引数 GL_MAP2_GRID_SEGMENTS

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー
Gl.h
ライブラリ
Opengl32.lib
[DLL]
Opengl32.dll

関連項目

glBegin

glEnd

glEvalCoord

glEvalMesh

glEvalPoint

glMap1

glMap2