Share via


glNormal3bv 関数

現在の法線ベクトルを設定します。

構文

void WINAPI glNormal3bv(
   const GLbyte *v
);

パラメーター

v

新しい現在の法線の x、y、z の 3 つの要素の配列へのポインター。

戻り値

この関数は値を返しません。

注釈

glNormal3bv関数を呼び出すたびに、現在の法線は指定された座標に設定されます。

バイト、短、または整数の引数は、最も正の表現可能な整数値を 1.0 にマップし、最も負の表現可能な整数値を -1.0 にマップする線形マッピングを使用して、浮動小数点形式に変換されます。

glNormal3bv を使用して指定された法線には、単位の長さを指定する必要はありません。 正規化が有効になっている場合、glNormal3bv を使用して指定された法線は変換後に正規化されます。 正規化は、引数 GL_NORMALIZE と 共に glEnableglDisable を使用して制御できます。 既定では、正規化は無効になっています。 現在の通常の値はいつでも更新できます。 特に、glBegin の呼び出しと glEnd の対応する呼び出しの間に glNormal3bvを呼び出すことができます。 次の関数は 、glNormal3bv に関連する情報を取得します。

引数GL_CURRENT_NORMALを含む glGet

glIsEnable と引数GL_NORMALIZE

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー
Gl.h
ライブラリ
Opengl32.lib
[DLL]
Opengl32.dll

こちらもご覧ください

glBegin

glColor

glEnd

glIndex

glTexCoord

glVertex