分散ルーティング テーブルの構造

次の構造体は、分散ルーティング テーブル (DRT) API 関数をサポートしています。

構造体 説明
DRT_DATA データ BLOB が含まれています。 この構造体は、いくつかの DRT 関数で使用されます。
DRT_REGISTRATION キーの登録を格納します。 これは 、DRT_SEARCH_RESULT 構造体のメンバーであり、 DrtRegisterKey に渡される引数です。
DRT_ADDRESS 検索に参加した DRT ノードに関するエンドポイント情報が含まれます。 この情報は、接続の問題のデバッグに使用することを目的としています。
DRT_ADDRESS_LIST キーの検索中に接続されたノードを表す一連の DRT_ADDRESS 構造体が含まれます。
DRT_SECURITY_PROVIDER セキュリティ プロバイダーによって実装される必要があるインターフェイスを定義します。
DRT_BOOTSTRAP_PROVIDER ブートストラップ プロバイダーによって実装する必要があるインターフェイスを定義します。
DRT_SETTINGS 初期化時に DRT 設定を定義します。 この構造体は、 引数として DrtOpen に渡されます。
DRT_SEARCH_INFO 検索クエリを定義します。 この構造体は、 引数として DrtStartSearch に渡されます。
DRT_SEARCH_RESULT 検索結果が含まれます。 この構造体は、 DrtGetSearchResult によって返されます。
DRT_EVENT_DATA アプリケーションがイベント シグナルを受信した後に DrtGetEventData を呼び出して返されるイベント データを格納します。

 

分散ルーティング テーブルの列挙

分散ルーティング テーブル関数

分散ルーティング Table API リファレンス