XPS ドキュメント API について

XPS ドキュメント API は XPS オブジェクト モデルを実装し、開発者が XPS OM を作成し、ネイティブ Windows \\ プログラムで XPS ドキュメント コンテンツを操作し、XPS OM を XPS ドキュメントとしてファイルまたはストリームに保存できるようにします。 XPSDrv フィルター パイプライン モジュールの開発者は、XPS Document API を使用して、XPSDrv プリンター ドライバー フィルター内の XPS ドキュメント コンテンツを操作することもできます。

XPS ドキュメント API の概要

XPS オブジェクト モデルは、XPS ドキュメントの情報モデルです。 XPS ドキュメントの情報モデルは、ドキュメント パーツ内で使用されるマークアップ モデルとは別です。 XPS オブジェクト モデルは、XPS ドキュメントを構成する内部コンポーネントの編成を記述し、マークアップ モデルではそれらのコンポーネントの内容を記述します。

プログラムでは、XPS オブジェクト モデルは XPS OM としてインスタンス化されます。 XPS OM は、基本的に XPS ドキュメントのコンテンツのインメモリ バージョンです。 論理組織では XPS ドキュメントと似ていますが、XPS OM は、ファイルまたはストリームにシリアル化されるまで XPS ドキュメントとは見なされません。

XPS ドキュメントがマークアップから XPS OM に逆シリアル化されている場合、マークアップの正確な構造は XPS OM では使用できません。 たとえば、プロパティがマークアップ内の要素または属性として表されたかどうかに関係なく、ドキュメント オブジェクトのプロパティ値は XPS OM によってまったく同じ方法で表示されます。

XPS ドキュメント API は、次のカテゴリに分類できます。

  • XPS OM トランク インターフェイス

    トランク インターフェイスは、XPS ドキュメント構造の最上位コンポーネントへのアクセスを提供します。 これらのインターフェイスは、XPS OM をシリアル化し、XPS ドキュメントを逆シリアル化する手段も提供します。

  • XPS OM ページ インターフェイス

    ページ インターフェイスは、XPS ドキュメント内のページの内容へのアクセスを提供します。 ページの内容を記述するインターフェイスも、ページ インターフェイスに含まれています。

  • XPS OM デジタル署名

    XPS OM では、デジタル署名がサポートされています。 ただし、XPS OM を作成しなくても、XPS ドキュメント内のデジタル署名に直接アクセスできます。 XPS OM を使用せずに XPS デジタル署名にアクセスする方法の詳細については、「 XPS Digital Signature API」を参照してください。

  • XPS OM 印刷チケット インターフェイス

    XPS ドキュメントは、パッケージ (ジョブ)、ドキュメント、およびページ レベルで印刷チケットをサポートします。 印刷チケットには、印刷または表示のためにドキュメント コンテンツを書式設定する方法に関する情報が含まれています。

このセクションの内容

XPS OM トランク インターフェイス

XPS OM ページ インターフェイス

XPS OM デジタル署名

XPS OM 印刷チケット インターフェイス

その他の関連トピック

XPS OM を初期化する

XPS OM デジタル署名

XPS ドキュメント API リファレンス

XML Paper Specification