enumeratedList

IPropertyDescription::FormatForDisplay でプロパティの値を文字列として書式設定する方法を指定します。 また、プロパティのグループ化方法、または "editControl" が listblox の場合にリストに表示する値にも影響します。 これは、displayInfo displayType="Enumerated"> の場合<にのみ適用されます。 displayInfo 要素ごとに列挙リスト要素は 1 つだけ必要です。

複数の要素がある場合は、最後の要素が使用されます。 列挙リスト要素が指定されていない場合、既定の属性設定がプロパティの説明に適用されます。

構文

<!-- enumeratedList -->
<xs:element name="enumeratedList"  minOccurs="0" maxOccurs="1">
    <xs:complexType>
        <xs:sequence>
            <xs:element name="enum" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded">
                <xs:complexType>
                    <xs:attribute name="value" type="xs:string" use="required"/>
                    <xs:attribute name="text" type="xs:string" use="required"/>
                </xs:complexType>
            </xs:element>
            <xs:element name="enumRange" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded">
                <xs:complexType>
                    <xs:attribute name="minValue" type="xs:integer" use="required"/>
                    <xs:attribute name="setValue" type="xs:integer"/>
                    <xs:attribute name="text" type="xs:string"/>
                </xs:complexType>
            </xs:element>
        </xs:sequence>
        <xs:attribute name="defaultText" type="xs:string"/>
        <xs:attribute name="useValueForDefault" type="xs:boolean"/>
    </xs:complexType>
</xs:element>

要素情報

Parent 要素 子要素
displayInfo enum
enumRange

 

属性

属性 説明
defaultText パブリック。 省略可能。 リスト内の列挙要素のいずれかにマップされない IPropertyDescription::FormatForDisplay に値が指定されている場合に使用する既定のテキストを指定します。 この構文では、直接表示文字列または間接表示文字列参照を使用できます。参照を使用するため、ローカライズできます。
useValueForDefault パブリック。 省略可能。 この値を "true" に設定すると、 IPropertyDescription::FormatForDisplay に、値がリスト内の列挙要素のいずれかにマップされない場合は、値をそのまま使用するように通知されます。 IPropertyDescription::FormatForDisplay の場合、これを "true" に設定すると、"defaultText" を設定するよりも優先されます。 既定値は "false" です。