propertyDescription

1 つの一意の標準プロパティについて説明します。 システムで使用できるようにするためのすべてのこのようなプロパティには、対応する propertyDescription 要素が必要です。

Windows 7 の構文

<!-- propertyDescription for Windows 7-->
<xs:element name="propertyDescription">
    <xs:complexType>
        <xs:all>
            <xs:element ref="searchInfo"          minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="labelInfo"           minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="typeInfo"            minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="aliasInfo"           minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="displayInfo"         minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="relatedPropertyInfo" minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
        </xs:all>

        <xs:attribute name="formatID"  type="uuid" use="required"/>
        <xs:attribute name="propID"    type="propid" use="required"/>
        <xs:attribute name="name"      type="canonical-name"        use="required"/>
    </xs:complexType>
</xs:element>

Vista の構文

<!-- propertyDescription for Windows Vista-->
<xs:element name="propertyDescription">
    <xs:complexType>
        <xs:all>
            <xs:element ref="searchInfo"          minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="labelInfo"           minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="typeInfo"            minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="aliasInfo"           minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="displayInfo"         minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
        </xs:all>

        <xs:attribute name="formatID"  type="uuid" use="required"/>
        <xs:attribute name="propID"    type="xs:nonNegativeInteger" use="required"/>
        <xs:attribute name="name"      type="canonical-name"        use="required"/>
    </xs:complexType>
</xs:element>

要素情報

Parent 要素 子要素
propertyDescriptionList searchInfo
labelInfo
typeInfo
aliasInfo
displayInfo
relatedPropertyInfo

 

属性

属性 説明
name 必須。 システムに固有の正規プロパティ名。たとえば、 System.Rating. この文字列は正規型で、64 文字に制限されています。 名前では大文字と小文字が区別され、次の構文を使用する必要があります: Publisher。Application.PropertyName。 IPropertyDescription::GetCanonicalName は、この値を返します。
formatID 必須。 プロパティの書式識別子 (FMTID)。 値には囲み中かっこを含める必要があります。たとえば、 {64440492-4C8B-11D1-8B70-080036B11A03}. IPropertyDescription::GetPropertyKey は、この値を返します。
propID 必須。 プロパティ識別子 (PID);たとえば、 9. IPropertyDescription::GetPropertyKey は、この値を返します。 この値は 2 以上である必要があります。 値 0 と 1 はシステムによって予約されています。