ビジネス ルール

ビジネス ルールを使用すると、アプリケーションは実行時にロジックを使用して、クライアントに付与されたアクセス許可を修飾できます。

ビジネス ルールは、Visual Basic Scripting Edition (VBScript) プログラミング言語で記述されたスクリプト、または IAzTask オブジェクトに関連付けられている Microsoft JScript 開発ソフトウェアを使用して記述されたスクリプトです。 アプリケーションが操作のアクセス権をチェックすると、Authorization Manager は最初に、現在のクライアントがその操作を含むがビジネス ルールに関連付けられていないタスクにアクセスできるかどうかを確認します。 この方法でアクセス権が付与されていない場合、Authorization Manager は、操作を含むタスクに関連付けられているビジネス ルール スクリプトを実行します。

アプリケーションは、パラメーターの名前と値を表す配列のペアとしてビジネス ルール スクリプトに情報を渡します。 スクリプトは、スクリプトの実行時に作成される AzBizRuleContext オブジェクトを使用して、これらのパラメーターにアクセスできます。

ビジネス ルール スクリプトを、委任されたスコープに含まれるタスクに割り当てることはできません。

C++ でのビジネス ロジックによるアクセスの修飾