Share via


エンジン アダプター関数

エンジン アダプターは、キャプチャされたサンプルから生体認証テンプレートを生成し、サンプルを既存のテンプレートに一致させ、テンプレートにインデックスを付けます。 アダプター開発者は、次の関数を実装する必要があります。 これらは、Windows 生体認証サービスによって呼び出されます。

このセクションの内容

トピック 説明
EngineAdapterCreateKey
HMAC キーをセンサーにプッシュするために、Windows 生体認証フレームワークによって呼び出されます。 フレームワークが EngineAdapterIdentifyFeatureSetSecure を呼び出すと、返されたキー識別子が生体認証ユニットに返されます。
EngineAdapterAcceptSampleData
生の生体認証サンプルを受け入れ、機能セットを抽出します。
EngineAdapterActivate
エンジン アダプターは、アイドル状態からセンサー コンポーネントを取り出すために必要な作業を実行する機会を提供します。
EngineAdapterAttach
生体認証ユニットの処理パイプラインにエンジン アダプターを追加します。
EngineAdapterCheckForDuplicate
パイプライン内の新しいテンプレートが、テンプレートに関連付けられている ID に関係なく、データベースに既に保存されているテンプレートを複製するかどうかを決定します。
EngineAdapterClearContext
生体認証ユニットの処理パイプラインを新しい操作用に準備します。
EngineAdapterCommitEnrollment
登録オブジェクトを最終処理し、テンプレートに変換して、テンプレートをデータベースに保存します。
EngineAdapterControlUnit
管理者特権を必要としないベンダー定義の制御操作を実行します。
EngineAdapterControlUnitPrivileged
管理者特権を必要とするベンダー定義の制御操作を実行します。
EngineAdapterCreateEnrollment
生体認証ユニット パイプラインの登録オブジェクトを初期化します。
EngineAdapterDeactivate
エンジン アダプターは、センサー コンポーネントをアイドル状態にするために必要な作業を実行する機会を提供します。
EngineAdapterDetach
パイプラインにアタッチされているアダプター固有のリソースを解放します。
EngineAdapterDiscardEnrollment
中間登録状態情報をパイプラインから削除します。
EngineAdapterExportEngineData
標準の生体情報レコード内のエンジンから、最後に処理された機能セットまたはテンプレートのコピーを取得します。
EngineAdapterGetEnrollmentHash
パイプライン内の完成した登録テンプレートのハッシュを取得します。
EngineAdapterGetEnrollmentStatus
登録オブジェクトをパイプラインにコミットする準備ができているかどうかを判断します。
EngineAdapterIdentifyAll
現在カメラ フレームにいるすべてのユーザーの ID を決定します。
EngineAdapterIdentifyFeatureSet
現在の機能セットからテンプレートを作成し、データベース内の一致するテンプレートを検索します。
EngineAdapterIdentifyFeatureSetSecure
Windows 生体認証フレームワークによって呼び出され、現在の機能セットからテンプレートを作成し、データベース内で一致するテンプレートを見つけます。 一致するものが見つかった場合、エンジン アダプターは IdentitySubFactorAuthorizationAuthorizationSize の各フィールドに入力する必要があります。
EngineAdapterNotifyPowerChange
コンピューターの電源状態の変更に関する通知を受け取り、それに応じてエンジン アダプターを準備します。
EngineAdapterPipelineCleanup
エンジン アダプターに、記憶域アダプターのヘルプを必要とするクリーンアップを実行する機会を提供します。
EngineAdapterPipelineInit
エンジン アダプターに、不完全な初期化を実行する機会を与えます。
EngineAdapterQueryCalibrationData
エンジン アダプターからキャプチャ後の調整データのセットを取得します。
EngineAdapterQueryExtendedEnrollmentStatus
WINBIO_PROPERTY_EXTENDED_ENROLLMENT_STATUS プロパティのクエリを実行します。
EngineAdapterQueryExtendedInfo
生体認証エンジン コンポーネントの機能と制限事項を決定します。
EngineAdapterQueryHashAlgorithms
エンジン アダプターでサポートされているハッシュ アルゴリズムを表すオブジェクト識別子の配列を取得します。
EngineAdapterQueryIndexVectorSize
エンジン アダプターによって使用されるインデックス ベクターのサイズを取得します。
EngineAdapterQueryPreferredFormat
エンジン アダプターで推奨される入力データ形式を決定します。
EngineAdapterQuerySampleHint
登録テンプレートを構築するためにエンジン アダプターに必要な正しいサンプルの数を取得します。
EngineAdapterRefreshCache
メモリ内に保持されている可能性があるキャッシュされたテンプレートをすべて破棄する必要があることをエンジン アダプターに通知します。
EngineAdapterSelectCalibrationFormat
エンジン アダプターが使用するセンサー アダプターの調整形式を決定するために、Windows 生体認証フレームワークによって呼び出されます。
EngineAdapterSetAccountPolicy
エンジン アダプターで使用される拡張既定値ポリシーとユーザーごとのアンチスポフティング ポリシーを設定します。
EngineAdapterSetEnrollmentParameters
エンジン アダプターに登録操作に関する追加情報を提供します。
EngineAdapterSetEnrollmentSelector
現在の登録操作を追跡するユーザーをエンジン アダプターに指示します。
EngineAdapterSetHashAlgorithm
後続の操作で使用するハッシュ アルゴリズムを選択します。
EngineAdapterUpdateEnrollment
現在の機能セットを登録オブジェクトに追加します。
EngineAdapterVerifyFeatureSet
現在の機能セット内のテンプレートと、データベース内の特定のテンプレートを比較します。
WbioQueryEngineInterface
エンジン アダプターの WINBIO_ENGINE_INTERFACE 構造体へのポインターを取得します。

プラグイン関数