Share via


Win32_Tpm クラスの CreateEndorsementKeyPair メソッド

Win32_Tpm クラスの CreateEndorsementKeyPair メソッドは、TPM に 2048 ビット保証キー ペアを作成します。 TakeOwnership メソッドを正常に実行するには、保証キーペアを使用できる必要があります。 IsEndorsementKeyPairPresent メソッドを使用して、保証キーが TPM に既に存在するかどうかを検出できます。

構文

uint32 CreateEndorsementKeyPair();

パラメーター

このメソッドにはパラメーターはありません。

戻り値

型: uint32

すべての TPM エラーと、TPM 基本サービスに固有のエラーを返すことができます。

次の表に、一般的なリターン コードの一部を示します。

リターン コード/値 説明
S_OK
0 (0x0)
メソッドは正常に実行されました。
TPM_E_DISABLED_CMD
2150105096 (0x80280008)
この TPM には保証キーペアが既に存在します。

 

解説

マネージド オブジェクト形式 (MOF) ファイルには、Windows Management Instrumentation (WMI) クラスの定義が含まれています。 MOF ファイルは、Windows SDK の一部としてインストールされません。 サーバー マネージャーを使用して関連付けられているロールを追加すると、サーバーにインストールされます。 MOF ファイルの詳細については、「 マネージド オブジェクト形式 (MOF)」を参照してください。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008 [デスクトップ アプリのみ]
名前空間
Root\CIMV2\Security\MicrosoftTpm
MOF
Win32_tpm.mof
[DLL]
Win32_tpm.dll

関連項目

Win32_Tpm