Win32_EncryptableVolume クラスの GetKeyProtectors メソッド

Win32_EncryptableVolume クラスの GetKeyProtectors メソッドには、ボリュームの暗号化キーをセキュリティで保護するために使用される保護機能が一覧表示されます。 プロテクタの種類が指定されている場合は、指定した型のボリューム キー プロテクタのみが返されます。

構文

uint32 GetKeyProtectors(
  [in, optional] uint32 KeyProtectorType,
  [out]          string VolumeKeyProtectorID[]
);

パラメーター

KeyProtectorType [in, optional]

型: uint32

返すキー プロテクタの種類を指定する符号なし整数。

このパラメーターを指定しない場合は、ボリュームの使用可能なすべてのキー保護機能が返されます。

説明
0
すべての型。
すべてのキー保護機能が返されます。
1
トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM)。
2
外部キー。
3
数値パスワード。
4
TPM と PIN。
5
TPM とスタートアップ キー。
6
TPM と PIN とスタートアップ キー。
7
公開キー。
8
パスフレーズ。
9
TPM 証明書
10
セキュリティ識別子 (SID)

 

VolumeKeyProtectorID [out]

型: string[]

ボリュームの暗号化キーをセキュリティで保護するために使用されるキー保護機能を識別する文字列の配列。

戻り値

型: uint32

このメソッドは、次のいずれかのコードまたは失敗した場合に別のエラー コードを返します。

リターン コード/値 説明
S_OK
0 (0x0)
メソッドは正常に実行されました。
E_INVALIDARG
2147942487 (0x80070057)
VolumeKeyProtectorID パラメーターは指定されていますが、有効な KeyProtectorType を参照していません。
FVE_E_NOT_ACTIVATED
2150694920 (0x80310008)
ボリュームで BitLocker が有効になっていません。 BitLocker を有効にするキー保護機能を追加します。

 

解説

マネージド オブジェクト形式 (MOF) ファイルには、Windows Management Instrumentation (WMI) クラスの定義が含まれています。 MOF ファイルは、Windows SDK の一部としてインストールされません。 サーバー マネージャーを使用して関連付けられたロールを追加すると、サーバーにインストールされます。 MOF ファイルの詳細については、「 マネージド オブジェクト形式 (MOF)」を参照してください。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista Enterprise、Windows Vista Ultimate [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008 [デスクトップ アプリのみ]
名前空間
Root\CIMV2\Security\MicrosoftVolumeEncryption
MOF
Win32_encryptablevolume.mof

関連項目

Win32_EncryptableVolume