Win32_TSClientSetting クラスの SetMaxXResolution メソッド

MaxXResolution プロパティを設定します。

構文

uint32 SetMaxXResolution(
  [in] uint32 MaxXResolution
);

パラメーター

MaxXResolution [in]

サーバーでサポートされる新しい最大 X 解像度。 最小値は 200、最大値は 4096 です。

戻り値

成功した場合は 0 を返し、それ以外の場合は WMI エラー コードを返します。 これらの値の一覧については、 リモート デスクトップ サービス WMI プロバイダーのエラー コード を参照してください。 このメソッドは、ユーザーの接続設定がサーバーによってオーバーライドされた場合にエラーを返します。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
サポートなし
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008 R2
名前空間
Root\CIMv2\TerminalServices
MOF
TSCfgWmi.mof
[DLL]
TSCfgWmi.dll

こちらもご覧ください

Win32_TSClientSetting