Share via


VML ストローク要素

このトピックでは、WINDOWS インターネット エクスプローラー 9 の時点で非推奨となる機能である VML について説明します。 VML に依存する Web ページとアプリケーションは、SVG またはその他の広くサポートされている標準に移行する必要があります。

Note

2011 年 12 月の時点で、このトピックはアーカイブされています。 その結果、アクティブに維持されなくなりました。 詳細については、「 アーカイブされたコンテンツ」を参照してください。 現在のバージョンの Windows インターネット エクスプローラーに関する情報、推奨事項、ガイダンスについては、「Internet エクスプローラー Developer Center」を参照してください。

 

図形のストロークを定義します。

次の属性はストロークを変更します。

属性 説明
AltHRef ストロークの代替参照を指定します。
Color ストロークの色を定義します。
Color2 ストロークの 2 番目の色を定義します。
DashStyle ストロークのドットパターンとダッシュパターンを指定します。
EndArrow ストロークの終点の矢印のスタイルを定義します。
EndArrowLength ストロークの終点の矢印の長さを定義します。
EndArrowWidth ストロークの終点の矢印の幅を定義します。
EndCap ストロークの終点のキャップ スタイルを定義します。
FillType ストロークの背景に使用される塗りつぶしの種類を定義します。
Href ストロークの元のイメージへの URL を定義します。
ID ストロークの一意識別子を定義します。
ImageAlignShape ストローク イメージの配置を決定します。
ImageAspect ストローク イメージの縦横比を保持する方法を定義します。
ImageSize ストロークのイメージのサイズを定義します。
JoinStyle ポリラインの結合スタイルを定義します。
LineStyle ストロークの線のスタイルを定義します。
MiterLimit マイター ジョイントの滑らかさを定義します。
オン ストロークを表示するかどうかを指定します。
Opacity ストロークの透明度を定義します。
Src ストロークの塗りつぶし用に読み込むソース イメージを定義します。
StartArrow ストロークの始点の矢印を定義します。
StartArrowLength ストロークの始点の矢印の長さを定義します。
StartArrowWidth ストロークの始点の矢印の幅を定義します。
タイトル ストロークのタイトルを定義します。
Weight ストロークの太さを定義します。

 

解説

この要素は 、Shape 要素内で定義する必要があります。

次のコードは 、Stroke 要素を使用して行を変更する方法を示しています。

   <v:line
   to="300pt,50pt" from="50pt,50pt">
   <v:stroke weight="50pt" color="red" linestyle="ThickThin"/>
   </v:line>

使用例