色の変換とカラー マッチング

ある色空間から別の 色空間 に色を変換するプロセスは、 色変換と呼ばれます。 色空間内のすべての色は、色空間の ホワイト ポイントに対して相対的に固定されます。 色空間のホワイト ポイントはデバイスによって異なるため、変換された色は、変換先の色空間で視覚的に最も近い色と一致させる必要があります。 このプロセスは カラー マッピングと呼ばれます。

たとえば、ディスプレイに作成したデジタル 画像がある場合は、デバイスに依存する RGB 色空間に配置されている可能性があります。 プリンターで印刷する場合は、プリンターの色空間に変換する必要があります。 プリンターはデバイス依存の CMYK カラースペースを使用している可能性があるため、すべての RGB 値を CYMK に変換する必要があります。 これは 色変換です。 CYMK スペースの観点から値を指定したら、プリンターが生成できる最も近い色に一致させる必要があります。 これは、カラー マッピングまたは カラー マッチングと呼ばれます。

色変換とカラー マッピングの両方で、いくつかのデバイス固有の要因を考慮する必要があります。 たとえば、画面イメージの構成要素はピクセルです。 各ピクセルには、色または色のインデックス値を格納するための設定されたビット数があります。 ピクセルあたりのビット数は、使用するディスプレイ アダプターとディスプレイ アダプターの種類と、アダプターが設定されているモードによって異なります。 プリンターの種類のほとんどは、異なる 色材を 使用し、特定の解像度で印刷します。

さらに、デバイスの物理的なトーン特性は、多くの場合、異なるデバイスで異なります。 たとえば、コンピューター モニターによって色が生成される場合、印刷機で生成された場合とは異なる色が表示される場合があります。 ガンマ補正と呼ばれる補正係数は、このような違いを補正するために頻繁に使用されます。

これらのデバイスに依存する要因の結果は、各カラー デバイスに、生成できる特定の色のセットがあるということです。 このカラー セットは、その 色域と呼ばれます。 色変換とカラー マッピングを実行するには、イメージ内の色を、ソース デバイスの色空間と色域から変換先デバイスの色空間に変換する必要があります。 その後、ターゲット デバイスの色域に一致します。