ハードウェア イベント サブスクリプションの作成

Baseboard Management Controller (BMC) がインストールされているコンピューターでは、ハードウェア イベントが発生し、システム イベント ログ (SEL) に記録されます。これは、不揮発性メモリに格納されている BMC イベント ストアです。 イベント ビューアーを使用して Windows Server 2008 でこれらのハードウェア イベントを読み取る場合は、イベントのサブスクリプションを作成する必要があります。 ハードウェア イベント サブスクリプションは、Windows Server 2008 でのみ動作します。

次の手順では、SEL イベント サブスクリプションを作成してハードウェア イベントを取得する方法を定義します。

  1. 次の XML を.xml ファイルに保存します (この例では、ファイルの名前は Wsmanselrg.xml)。 この XML は、サブスクリプションを定義します。

    <Subscription xmlns="http://schemas.microsoft.com/2006/03/windows/events/subscription">
        <Description>A subscription for the HardwareEvents</Description>
        <SubscriptionId>WSManSelRg</SubscriptionId>
        <Uri>http://schemas.microsoft.com/wbem/wsman/1/logrecord/sel</Uri>
        <EventSources>
            <EventSource>
                <Address>LOCALHOST</Address>
            </EventSource>
        </EventSources>
        <LogFile>HardwareEvents</LogFile>
        <Delivery Mode="pull">
            <PushSettings>
                <Heartbeat Interval="10000"/>
            </PushSettings>
        </Delivery>
    </Subscription>
    
  2. コマンド プロンプト ウィンドウで次のコマンドを実行してイベント サブスクリプションを作成します (Wecutil.exe プログラムは %SYSTEMROOT%\System32 ディレクトリにあります)。

    Wecutil cspath<>\wsmanselrg.xml

  3. コマンド プロンプト ウィンドウで次のコマンドを実行して、サブスクリプションがアクティブであることを確認します。

    Wecutilgrwsmanselrg

BMC は、サーバーにローカルに接続されたマイクロコントローラーです。 BMC には、サーバーの物理的な状態を監視するセンサーと、サーバーがオフラインの場合でもネットワーク経由で通信できる個別のネットワーク接続があります。 インテリジェント プラットフォーム管理インターフェイス (IPMI) WMI プロバイダーを使用して BMC データにアクセスできます。 IPMI プロバイダーの詳細については、 IPMI プロバイダーを参照してください。

イベント サブスクリプションを動作させるには、コンピューターに BMC と IPMI プロバイダーがインストールされている必要があります。 Windows Server 2008 で実行されているコンピューターの場合、IPMI プロバイダーは既定でインストールされます。 BMC が使用できない場合、IPMI ドライバーをインストールできず、サブスクリプション ランタイムの状態に常にエラーが表示されます (0x8004001 - WMI 汎用エラー)。